筆の選びかた

 はじめは、兼毫の中鋒がいいでしょう。

作品により、穂先の長さや、穂の材料を使い分けます。

使ったあとは必ず流水で丁寧に洗い、穂先を下にむけて干し乾かします。

細筆は、墨をとる程度でいいでしょう。

 




トラックバック

↑ページトップへ

Get Adobe Flash player