筆墨精神 中国書画の世界

京都国立博物館で開催されています。

京博

絵画のことはよくわかりませんが、書のお手本となる名筆名蹟がずらり!!

臨書の稽古で、テキスト本でしか見たことない法帖や名筆の本物が並んでいます。

すごい数!これだけのものが日本にあるんですね。

朝日新聞者の創業者の一人、上野理一氏により収集された上野コレクションが主だそうです。

いや~。呉昌碩筆の大きな掛け軸は、墨量の多いところなど筆脈がはっきりわかって\(◎o◎)/!

この間まで臨書していたので特に響きました。


2月20日までやってます。リピしたいです。

今日はちょっと駆け足やったので、もっとじっくりと。


先日、「着物おでかけモニター」なるものに当たったので、その着物を着ていきました。

こちらに着物モニター日記は載せています。

http://www.fururu.net/user/t1118/20110202224825


よろしければごご覧ください。

かわいい着物と帯のセットです。






コメント

筆墨精神 中国書画の世界 すごーく良さそうですね~♪
ぜひ、お勉強に行ってみますー(^_^)/
今日のお着物(モニター)可愛かったです!(^^)!
後姿にウサギちゃん、粋やわー(^.^)

2011年2月3日 7:35 PM | るみ

るみせんせい
京博は是非に!人はそんなに多くなかったです。
着物の写真を撮っていただきありがとうございました!

2011年2月3日 8:49 PM | kaheno

兎の帯、女性って良いよね。男の着物なら羽裏か根付くらしかデザインもの持てないです。

2011年2月10日 6:39 AM | 京うさぎ

京うさぎ先生
ありがとうございます。
ウサギの羽裏にウサギ柄の足袋(あるのかしら?)
ウサギ柄のハンチング帽姿の京うさぎ先生見たいです!

2011年2月10日 9:04 AM | kaheno

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバック

トラックバックURL: http://kaheno.jp/2011/0202232351.html/trackback/

↑ページトップへ

Get Adobe Flash player