ほな、おおきに(ブログ)

2011年10月

五色百人一首東大阪大会

29日から京都では、国民文化祭が始まり、

華やかな催しが各地で開催されていますが・・・

我々は京都を離れ、娘の五色百人一首の大会に行ってきました。

 

大会は午後からなので、例のごとく朝から出て

ゆかりの地を巡ってきました。

 

大阪(難波)がテーマになっている歌はいくつかあります。

 

わびぬれば 今はた同じ難波なる 身をつくしても 逢はむとそ思ふ

難波江の 蘆のかりねの 一夜ゆえ 身をつくしてや 恋わたるべき

住の江の 岸による波 よるさへや 夢のかよひち 人めよくらむ

難波潟 みじかき蘆の ふしの間も 逢はでこの世を すぐしてよとや

 

競技かるたで使われる序歌も

難波津に 咲くやこの花 冬ごもり 今を春べと 咲くやこの花

 

澪標(みおつくし)の意味ですが、澪(みお) は、水尾のことで

標(つくし)は、しるしのことです。

川が海に注ぐ場所は、川が砂を運んでくるので浅瀬になっていて

船が通るのを邪魔しています。

そこで、深くなっていて船の通れる場所との境にしるしを建てます。

それが澪標だそうで、大阪市や京阪電車のマークになっているそうです。

 

住の江 は、現在の住吉大社付近のことで、

住吉大社は、海の神様です。

江戸時代まで住吉大社の西側が海岸線でした。

遣隋使船や遣唐使船は、ここから出発しました。

 

住吉大社の前で、遠浅の海に澪標がたっている間を行く

遣唐使船を想像して・・・・

 

さあ、境内へ。

太鼓橋 

 

とお~~~っても急な 太鼓橋 をのぼって降りたら

お嫁さんが(#^.^#)結婚式

 

さすが、摂津一宮、

我々が参拝しているわずかの間に、結婚式二組、

七五三参りやお宮参りなど、たくさんお参りされていました。

 

広い境内には親切に?あちこちに記念撮影用に椅子が設置してありました。

フォトスポット

 

今日勝てますように・・・と本殿でお参りしたあと、

少しいくと、「パワースポット」なる文字が!(^^)!

そこは、住吉大神が降臨された場所とされる「五所御前」という聖地でした。

そこの玉砂利に「五」「大」「力」と書かれた小石がまじっていて

それを探してお守りにすると、願いが叶うそうです。

五大力守り

 

子供達は、あっという間に3つの小石をみつけて、

「今日力が発揮できますように~」と、五大力さんを大切にお守りにしました。

 

 

さあ、簡単にお昼を済ませて、試合会場へ!!

 

全員集合

 

約100人の参加です。

赤い服を着ているのが、京都から参加している子どもです。

 

4人でリーグ戦をして、3勝しないと決勝トーナメントに進めません。

娘の学校からは4人参加で、みんな五大力さんにパワーをもらって

頑張りましたヽ(^。^)ノ

この大会が2回目のSちゃんとHちゃんは

前よりはいい成績だったのですが予選敗退(>_<)

娘は敗者復活の抽選で決勝へはいけましたが

決勝トーナメント1回戦負け(^_^;)

 初出場のTちゃんは、予選3勝して決勝トーナメントも

1回戦を勝ち抜き、ベスト8の大健闘です!!

惜しかった~~~。

 

帰りの電車の中でも興奮さめやらず、

朝早くから出かけたにもかかわらず、みんな元気でした。

 

最寄のバス停に着いたのは、7時過ぎていました。

 

 

解散したあと、晩御飯たべに

一期一会さんへ。

ハロウィンメニュー

 

ハロウィンメニューのパスタとサラダは食べ散らかしたあと

しかもアルコールのせいかボケた写真ですが・・・(~o~)

今日を振り返って美味しい夕食♪

幸せです~。

 

書展の案内ハガキも、お店に置かせてもらえました。

 

 

あ、大阪で澪標のマークを探すのを忘れていました(/_;)

水引きいただきました♪

水引きという植物があることすら知らなかったのですが・・・

水引

 

小花のついた穂が祝儀袋の水引に似ていることから

この名前がついたそうです。

紅白でいただいて、縁起◎ヽ(^。^)ノ

I先生ありがとうございます!

 

 

ところで、いただいた水引をみて・・・・

これ、似てる???

水引似

 

朝顔を蒔いたプランター、

朝顔は育たず、かわりにムクムク生えてきました。

なにかわからないので、引っこ抜こうかと思ったんですが

ちっちゃいお花がかわいくて(#^.^#)

花穂を切ってもまたわきからでてきて花穂つけてます。

水引より葉っぱがつるんとしていて、花は少し大きいです。

よく見比べると、花のつき方がちがうみたいですね。

 

これ、なんですか~~?

お花摘み(^^♪

週末、親戚に誘われてお花摘みにいってきました。

フローラルコート

 

映画村近くにある、「ヤマナカフローラルコート」さん。

そこらじゅうに土地もってはる、

下立売通りにある、「山中油店」さんの系列みたいです。

入園料200円で、2本のお花が摘めて、あとは追加料金です。

ピンク

 

 

黄色

 

 

コスモス

 

 

コスモスが中心でしたが、自分の背丈くらいのもあり、

これから咲きそうで、蕾がいっぱいついてるの・・・

と欲張って探したら、悩みました~(^_^;)

 

持ち帰って生けたら

色とりどりのお花がお部屋を明るくしてくれました♪

 

いろんなお花

フレッシュバジル♪

Y子ちゃんにいただいたフレッシュバジル

 

バジル

 

 

部屋中バジルの香りがいっぱい(^^♪

 

ペーストにして保存します。(ピンボケ写真すみません)

バジルペースト

 

ペーストにできるくらいたくさんのバジルは、

育ててなければなかなか手に入らないので嬉しい(*^_^*)

茎は、ブーケガルニとして使うため、カットして冷凍保存します。

 

だいたいできた!

昨日、作品の締め切り日でした。

表具屋さんに出す作品はみな提出がすみました。

私は・・・

自分で折り帖を作っているので、まだやったんです。

 

今日の表装教室で4時間作業して、だいたいできあがりました。

写真撮りが3日で、それには間に合いました(ホっ)

 

次回の表装教室(書展2日前)で、最終仕上げをします。

 

チラッとみていただきましょう。

 

表紙

 

 

折り帖

 

 

 

あとは、書展にてごらんくださいませ~<(_ _)>

トップページ「お知らせ」にご案内しております。

http://kaheno.jp/2011/0922135528.html

どうぞよろしくお願いいたします。

第4回れきしクラブ

前回は、新撰組を中心に廻ったれきしクラブ、

今回は坂本竜馬を中心にたずねてみました。

他校のA里ちゃん親子も参加してくれはり、合計8人の参加でした。

 

まず、伏見の寺田屋へ。

寺田屋

そばには、宇治川派流がながれています。

このあたりは伏見港の中心地で、蔵や旅籠が軒を連ねて賑わったところで

寺田屋もそのうちの一軒です。

十三石船

 

こんな船に乗って竜馬は、大阪から京都へ、丸一日かけてやってきました。

寺田屋見学のあと、京都SKAY観光協会のボランティアの方から

寺田屋騒動や坂本竜馬襲撃事件の説明を聞きました。

 

キズを負った竜馬は、この川で流れる血を洗い、

近くの材木小屋に隠れ

薩摩藩が川船をだしてくれて九死に一生をえたのです。

 

竜馬が隠れた材木小屋の写真が、寺田屋内にありました。

 

 

材木小屋

 

 

実際に、竜馬が逃げたと思われる道をたどって歩きました。

 

材木小屋の跡地には石碑がありました。

材木小屋跡

ここから船に乗り、伏見薩摩藩邸に避難するのですが、我々は歩きで(^_^;)

 

 

 

 

薩摩藩邸跡

 

 

かなり歩いたのと、お昼近くになってきたので、薩摩藩邸跡になにか建物があると

思っていた子ども達は、石碑だけなのでガックリ(/_;)

出てくる言葉は、「お弁当どこで食べるの?」

という質問にかわってきました(~_~;)

 

次の予定はお弁当なので、京阪電車に乗り三条までGO!

 

三条大橋の下で、お弁当タイム♪

お弁当タイム

お弁当交換が憧れやったA里ちゃん、みんなとお弁当やおやつを交換して

仲良くなれたかな?

最近は学校ではおかずの交換は禁止されてるんですね。

 

さて、午後からは木屋町通りを歩き、高瀬川の運河沿いに点在した

長州藩邸跡、土佐藩邸跡など、各藩邸があったのは、

物流の拠点であったからだったことを確認しました。

第二回(明治時代)で行った「一之船入跡」から歩いたのですが、

子ども達は、「ここ来た~!」と覚えていました。

竜馬が海援隊の事務所として出入りし、住まいもしていた、

「酢屋」という材木屋さんにも寄りました。

2階がギャラリーになっていて、

竜馬の手紙やここに船泊まりがあったことを記す古い地図などが

展示されていました。

 

次に、竜馬が暗殺された「近江屋」跡へ。

コンビニの前に看板がたっているだけでしたが、

写真を撮る人も次々ありました。

そうそう、三連休の初日ですもんね。

近江屋跡

 

 

ここで暗殺された竜馬のお葬式は、東山安井の霊明神社というところでありました。

竜馬の亡骸が通った道をたどるべく、東山安井までバスに乗りました。

 

安井金比羅の向かい、高台寺につづく道ですが、じつは今車が行き交う参道は

最近できた道で、竜馬の葬送の道はその脇の細い道でした。

葬送の道

 

かなりの坂道で、遠くに八坂の塔が見えます。

 

さらに、長い石段を登って・・・・・

 

やっとたどりつきました。

霊明神社

 

今はとても小さい神社ですが1809年創建で、以前は二千坪有していたそうです。

それが明治のごたごたで公収され、竜馬のお墓も明治以後にできた

「京都霊山護国神社」が管理しているということです。

 

なので、竜馬のお墓をお参りするには、すこし下りて、

霊山護国神社から入ることになります。

 

また石段を上がって、上がって・・・

霊山護国神社より

 

京都を見下ろす地に、坂本竜馬、中岡慎太郎はじめ、幕末の志士1356名のお墓がありました。

 

銅像

竜馬と中岡慎太郎のお墓の横には銅像があり、

墓前には花束やお線香がおかれ、手を合わす人が絶えませんでした。

 

霊山護国神社のふもとには、霊山歴史館という幕末維新総合博物館があり

そこへ行って今回のれきしクラブは終了なんですが、

初めて参加してくれたA里ちゃん親子は時間の都合でここでお別れ。

子ども達も「せっかく仲良くなったのに~」と別れを惜しんでました。

 

霊山歴史館は展示内容もわかりやすく、3D映像やパソコンクイズもあり

けっこう楽しめました。

霊山歴絵史館をで出てからT緒ちゃんが

「新撰組と坂本竜馬って、敵なんやんなあ・・・?どっちが悪いの?」

とポツリ。

 

うんうん、いいぞいいぞ~~(^.^)

 

 

予定時間をだいぶオーバーして、今回のれきしクラブは終了です。

 

しかし、よく歩きました!

子ども達も疲れたと思います。

 

ケータイの万歩計は約2万歩でした\(◎o◎)/!

 

 

HAPPY HALLOWEEN!

わ~~い!!

もらいました~~♪

ハロウィンアレンジ

 

友人で生徒さんでもあるH美ちゃん、

じつは、プリザーブドフラワーアレンジの先生なんです(*^^)v

ハロウィンアレンジをたくさん作って

「皆さんに~」

と、今朝届けてくれはったんです♪

 

季節の贈り物、嬉しいです、ありがとうです(^^♪

 

間に合うかな・・・(^_^;)

折り帖

 

 

表装教室、今日の進行はここまで(T_T)

先生に手伝っていただき(ありがとうございます、すみません)

家にも持ち帰って

なんとか間にあわせな~~~!!

 

1

↑ページトップへ

Get Adobe Flash player