第5回れきしクラブ 百人一首編

今回は、百人一首ゆかりの地を巡りました。

ゆかりの地といっても、たくさんありすぎて絞りきれないところですが・・・(^_^;)

とうことで、歌の読まれた景色を中心にまわりました。

 

来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くや藻塩の 身もこがれつつ 

                              藤原定家

 

まずは、3日から6日まで特別公開されている冷泉家へいきました。

冷泉家

冷泉家は、明治になっても天皇さんを追って東京に移らなかったために

約400年この地に存在する最古の公家住宅です。

また、百人一首を選定した藤原定家を祖先に持つ「和歌の家」です。

9時から公開で、少し前に着いたのですが、行列できてました。

小学生は保護者の引率で無料、ラッキー♪

中へ入ると、所々で保存会の方が建物の解説をしてくださいました。

解説の方、同志社の学生さんでしょうか、初日しょっぱなということもあってか

カミカミで^_^;見学者の質問に答えられない場面も・・・

解説も大変です。

建物中心の見学やったので、子供達には面白くなかったかも?

私は、襖の唐紙や、後桜町天皇直筆の掛け軸の表装がモダンで素敵で(*^_^*)

もっと近くで見たかったです。

唐長さんに版木が保存されていたという黄土色に地紙に雲母で型押しした

「牡丹唐草」の唐紙が貼られた襖の座敷は、歌会が催される間で、

歌を詠むおりに、室内から季節性を排除して絵柄が邪魔にならないよう

考慮してあるとのことでした。

 

ちょっと百人一首からそれました(^_^;)

 

 さて、冷泉家を出てお隣の相国寺へ、定家さんのお墓参りへいきました。

定家墓

 

一番左が定家さんのお墓です。

その隣は足利義政、その右は伊藤若冲のお墓です。

??なんで、平安、室町、江戸の三世代にわたったお墓が

ならんでいるのでしょう??

 

 

滝の音は 絶えて久しくなりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ

                        大納言公任

この、「名古曽(なこそ)の滝」跡が、嵯峨大覚寺内にあります。

バスに乗り、移動しました。

 

途中の広沢の池です。広沢の池

 

紅葉の頃には、池に移った山が綺麗でしょうね。

山越えでバスを降りたので、けっこう歩きましたよヽ(^。^)ノ

子ども達は、おしゃべりしながら歌を歌いながら元気に歩いてましたが

そうとう歩いたので「いったいどこにあんの?」と、ギモンがわいた頃に

つきました。

大覚寺

 

広い境内の奥、大沢池の横にありました。

名古曽滝

 

滝があったとは、思えないので子供達は「えっ?これ?」というかんじでした。

この歌が詠まれた頃にはすでに絶えていた滝ですから、

うわさの滝はどんなだったんでしょうね。

 

歩きつかれてお腹もへって、辺りは歴史的風土保存地区なのでさえぎる物がなく

のんびりした景色です。

お昼には少し早いですが、名古曽滝跡の横でお弁当タイムにしました。

お弁当タイム

 

お弁当とおやつを食べたら、遊ぶまもなく・・・

拝観料を納めたので、宸殿を見学です。

宸殿の前には、「左近の梅」「右近の橘」がありました。

「左近の梅」?

一般的には「左近の桜」ですよね。

冷泉家の座敷(上の間)の前にも、梅と橘が配されていましたが、

その解説で、本来は「左近の梅」であることを知りました。

 冷泉家も大覚寺宸殿にも、橘にはかわいい実がたくさんついていました。

梅と橘

 手前が橘です。

 

大覚寺は、嵯峨天皇が離宮として使われたころ大変好まれた嵯峨菊が

たくさん栽培されていました。嵯峨菊

 

 

黄色

 

 

 

大覚寺を出て、今度は嵯峨釈迦堂(清涼寺)へ向かいます。

 

陸奥の しのぶもぢずり 誰ゆゑに 乱れそめにし 我ならなくに

                        河原左大臣

嵯峨釈迦堂は、河原左大臣(源融みなもとのとおる)の別荘地でした。

河原町五条に大きな家があり、鴨川の河原近くだったので

河原左大臣と呼ばれていました。

宇治の平等院もこの人の別荘地です。

 

 

この近くに定家が選んだ歌を色紙に書き、それを障子に書いて貼ったものが

百人一首のはじまりといわれている中院山荘という山荘跡を探しました。

厭離庵への道

 

 いかにも嵯峨野らしい道♪

この道を出てすぐに看板がみつかりました。

 

中院荘跡

 

今のように、百人一首がカルタの形になったのは、天正(織田信長の時代)の頃に

ポルトガルからカルタ(carta)が伝わって以降のことです。

お医者さんが書くカルテ(Karte)はドイツ語で、英語のカード(card)

もみな同じ語源の言葉です。

 

さて、もう少し歩いて嵐山へ向かいます。

 

 

小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば 今ひとたびの みゆき待たなむ

                               貞信公

 

この歌に詠まれた「小倉山」はどの山でしょう(~o~)

小倉山

かなりの人出をかき分け渡月橋に着いてからの質問に、子ども達はぐったりで「わから~ん」

 

子供達の向こうに円く見える真ん中の山が小倉山です。

 

 

嵐山

 

 よく嵐山の風景として使われる山側↑とは、反対にありました。

 

 小倉山の峰の紅葉よ、もしそなたに心があるのならば、このまま散らないで

 天皇の行幸をまっていておくれ

 

「小倉山を眺めて想像してみ~」

と言っても、子供達は歩き疲れてそんなこと聞いてません(-_-;)

 

また人ごみの中嵐電の駅まで戻り、やっと電車で座れて

四条大宮までひといきつきました。

 

 

花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに

                               小野小町

 

四条大宮から歩いて少しのところに、小野小町が化粧に使った井戸の跡があり

そこへ行きました。

一人激混みの嵐山駅のお手洗いに行って電車が一本遅れた子がいたので

その子についてた私とその子は井戸跡はパス。

見学してきた子どもに「どうやった?」と聞くと

「なんもなかった」の返事でした(/_;)

 

さあ、最後に向かうのは上賀茂神社です。

 

風そよぐ ならの小川の 夕ぐれは みそぎぞ夏の しるしなりける

                           従二位家隆

 

上賀茂神社

 

 この日、国文祭のイベント「きもので集う園遊会」があったのですが

もう終わって撤収作業中でした。それでも、着物姿のかたがチラホラ。

        ・・・行きたかったなあ・・・

 

お嫁さんもいはりました。

世界遺産で結婚式。

いいですね♪

 

ならの小川

 

 夏越の祓いの神事が行われるならの小川の前で記念撮影(*^^)v

 

 

今日もよく歩きました~

1万7千歩でした(^・^)

 

皆さんも長文お付き合いいただき、ありがとうございました<m(__)m>

 

 

 




コメント

毎回、広範囲な移動ですね。
今回はかなりマニアックな内容で、クラブのレベルの高さに感心いたします。

2011年11月5日 7:24 AM | kumao

kumaoさん
ありがとうございます。
広範囲にもかかわらず子供達は元気についてきてくれ、
翌日学校で「楽しかったなぁ」と言ってくれてるらしいので
こちらもがんばらな~、と思います(^^)v

2011年11月5日 6:27 PM | kaheno

毎回お世話になってます~。
いつもながら、プランを立ててくださる旦那さん、
すごいです~!
いろいろ調べてくれてはるんやね。
今回はホントにマニアック?な感じの行き先。
ふつーに京都に住んでるだけでは知りえない場所ばかり。

いつも、行って見たり知ったことは、ちゃんと覚えて
おいてや~、忘れてしまってはただ遊びに出かけただけに
なってしまうからねって言うてます。
なんせ忘れんぼやからさ・・・

2011年11月5日 9:58 PM | ちっち

ちっちさん
ダンドリ君やから・・・^_^;
かなり早足やけど、子供達はついていくからすごいわ。
疲れたといいながらも、遊べそうな場所みつけては
しっかり遊んではるし~。

2011年11月5日 11:03 PM | kaheno

冷泉家のお隣さんで働いていた頃を想い出してしまいました(^.^)
時雨文庫の伝票を間違え。。。(+_+)
課長は部長に呼び出されお説教。。。でも私は叱られずに済みました。
優しい人に囲まれていたな~♪感謝。

嵯峨菊は菊の中で一番好きです♪

小倉山はまんまるで可愛いですね~(^_^)v
綺麗な画像をありがとうございます。
そして今回もお疲れ様です~(^_^)/

2011年11月6日 7:47 PM | るみ

るみせんせい
ありがとうございます!
かつて近くで働いておられたんですね!(^^)!

嵯峨菊は、仕立て方に決まりがあるんですね。
手入れされた美しい菊でした。
昔、大沢の池に自生していたということです(゜o゜)

2011年11月6日 9:40 PM | kaheno

10月からデイサービスで働きだしたのですが利用者の方と百人一首の話題になって答えられなかった恥ずかしい出来事が・・。

2011年11月9日 9:11 AM | ルンルン

ルンルンさん
就職おめでとう~!がんばるね!!
なかなか覚えてられないよね(^_^;)

2011年11月9日 10:17 PM | kaheno

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバック

トラックバックURL: http://kaheno.jp/2011/1105020723.html/trackback/

↑ページトップへ

Get Adobe Flash player