2011年雑感

激動の2011年も終わろうとしています。

3月11日のテレビの映像は今でも目に浮かびます。

 

個人的にもいろんなことがあった年でした。

教室は生徒さんに恵まれ書展の出品者も増え、嬉しい反面

教えることの難しさも実感しました。

 

HP&ブログ、ツイッターは開設2年になりましたが

こうしてインターネットを通じていろんな方とご縁が広がり

東北もすごく身近に感じることができました。

実際、行ってみたらすごく遠かったですが・・・

 

情報が溢れる中、何を信頼するかは個人にかかってきます。

震災後の情報は、何を信じていいかわからなくなり、

原発についての勉強も少なからずしなければならない状況になりました。

 

私のなかでは、普段の食生活で気にしている化学調味料や食品添加物

遺伝子組み換えなどのほかに、放射能汚染が加わりました。

相方は、同じベースにのるものではないと言いますが

やはり誰もわからない何十年後のことを考えると子供にとってどうかと

考えてしまいます。

 

日本中の人が、日々の生活に多かれ少なかれ不安を感じるようになってしまった

2011年、一生忘れることはできないでしょう。

 

一年間お付き合いしてくださった皆様、ありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

 




コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバック

トラックバックURL: http://kaheno.jp/2011/1231083602.html/trackback/

↑ページトップへ

Get Adobe Flash player