かへのもり墨海庵 » 京(みやこ)少年モノづくり倶楽部

京(みやこ)少年モノづくり倶楽部

京都市教育委員会がやってるこの倶楽部

申し込みが当選して24年度の会員になりました。

初日は「開講式」と「電子工作入門①~ラジオを作ろう!~」

です。

開講式では、35人いる倶楽部員や保護者の前で自己紹介。

意外とおっきな声で、一言メッセージもしっかり言えて驚き。

 

その後、子供達は作業へ、保護者はオリエンテーションがありました。

 

どんな様子か見学もできました。

LEDついた

 

で、こんなん作ってきました。

 

ラジオ

 

 

今後は保護者の見学は不可ということで、

相方が悲しんでいました(T_T)

娘より相方のほうが楽しみやったみたいです^_^;

 

一年間を通して、木工体験や、自転車の組み立てや分解

パソコンのプログラミング、トイ・コンテストGPの参加

など、本当に大人もやってみたくなるようなプログラムです。

 

いろいろ経験して自分の好きなことがみつかればいいな。




コメント

こんばんは。

私の所も娘が小学生の頃はこう言った催しを見つけて、手当たり次第に、こぞって参加しました。

最初は親同伴でしたが、高学年になると子どもだけの参加となり、6年生になると自分で申し込んで勝手に行くようになりました。

成長を喜んでいいのですが、ちょっと寂しい気もしますね。

>いろいろ経験して自分の好きなことがみつかればいいな。

そうですね。

特に子どもの理科離れが問題視されている中、この様な催しはありがたいですね。

理系に限らず、色々経験するのはいいことですね。

うちの娘も、親の押しつけでなく自分で自分の道を見つけてくれたみたいです。

2012年5月28日 6:55 PM | kumao

子どもも大人もわくわくするようなプログラムですね!
ラジオって作れるんですね~すごい!どんな音が出たのかしら?
今の子どもって本当にメカに強いというか、詳しい。やっぱりDSとかで、鍛えられてる?!アナログ時代の私にはさっぱり・・
ご主人様も一緒に楽しみたかったのに残念ですね。
娘さんは一年間色々な体験楽しんでね♪

2012年5月28日 8:19 PM | ペンちゃん

kumao先生
>親の押しつけでなく自分で自分の道を見つけてくれた
それが一番ですよね!うらやましいです。
適切にきっかけ作りをされたからでしょうね。

2012年5月28日 11:30 PM | kaheno

ぺんちゃんさん
なかなか家庭ではできない体験をさせてもらえるのでありがたいですね!
スチューデントシティを体験するところなんですね。

ラジオはチャンネルはないのですが、私のCDラジカセよりもちゃんと
音が出てました、よくできてます~♪

2012年5月28日 11:35 PM | kaheno

娘が小学生のころ毎月参加していました。
パナソニックセンター大阪「エコ実験室」
たぶん今でも毎月あると思います。

http://panasonic.co.jp/center/osaka/event/all/index.html#120616_eco

これならお父さんも一緒に参加できますよ。

2012年5月29日 12:15 AM | kumao

kumao先生
情報ありがとうございます!
いいですね!でも人気ありそう・・・
さっそく相方に知らせます。
この倶楽部でも、夏休みパナソニックの自転車工場見学に行きます(*^^)v

2012年5月29日 10:13 AM | kaheno

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバック

トラックバックURL: http://kaheno.jp/2012/0527234239.html/trackback/

↑ページトップへ

Get Adobe Flash player