ほな、おおきに(ブログ)

2015年2月

京都マラソン今年は・・・

 

京都マラソン終わりました。

ランナーの数とおなじくらいのボランティアさん、お疲れさまでした<(_ _)>

 

さて今年は相方は落選でした。

なにを思ったかポチッとしてしまったわたしが当選(≧▽≦)

〇代最後の記念に挑戦するよ~~~!!

とマラソンの知識も経験もないのに息巻いて

10月当選の連絡が届いてからのトレーニング開始。

 

基本は早朝ランニング。

小出先生の本を買い、京都市体育協会のランニング講座に参加し、

京産大の直前講座に参加し準備をしてきました。

 

結果からいうと残念ながら完走できませんでした(T_T)

 

年末までは順調にコースの試走もはじめていたのですが、

年明けに膝を痛め、様子を見てましたが3キロも走れない( ;∀;)

1月のランニング講座では、5キロを走ることになってましたが

それも途中でやめて、この回の講師の千葉真子さんに

「やめる勇気も必要ですよ~」と言われ(/ω\)

 

整形外科へ行くと加齢によるものではないかとのことで

初ヒアルロン酸注射!(2回)

 

こわごわ短い坂道を練習しただけで長距離は怖くてできぬまま

当日がやってきました。

 

目標を完走から20キロ(内心は10キロ)に切り替えて、でもあわよくば完走できるかも・・・

との甘~い期待を胸に臨んだ15日。

 

写真でみてやってください!

 

 

 

 

まずこの本を購入してお勉強。

 

本

 

 

 

前日にランナー受付にいきました。

2015021412140000

 

2015021412150000

 

 

受付を済ませたあとは「おこしやす広場」というイベント会場へ。

2015021412160000

 

清水寺の森清範貫主揮毫の「絆」

京都マラソンは東日本大震災復興支援をコンセプトにしています。

 

2015021412340000

 

 

コースの紹介や給食の見本展示。おたべを食べることは叶わず(T_T)

2015021412360000

 

完走メダル。もらえへんやろし撮っとこ~っと。

2015021412350000

 

心ばかりの被災地支援を。

復興

 

 

帰ってからはウェアの準備。

BUFFは千葉真子さんのサイン入り(^^♪

 

2015021415580000

 

時計の準備も。

関門の時間を書き込み、すぐにわかるように。どこまでいけるかなあ・・・

 

関門

 

 

 

 

当日の朝は冷えました。

おへその下と腰と背中にミニカイロを貼って出発!

 

西京極(総合運動公園)にランナーさんがうじゃうじゃいはるのも初体験なので珍しく

みなさんどんなふうにスタートまでを過ごされているか観察しつつ

体を動かしていました。

見栄をはって申告したけどスタートは補助競技場です。

2015021508230000

 

谷口キヨコさんの声は聞こえますが姿は見えず。

黙祷の言葉が聞こえたので黙祷し、間もなくスタートしたようです。

10秒前!と聞こえたときは拍手と声があがりました。

 

10分後くらいに門川市長さんらがおられるスタート地点へきました。

2015021509090000

 

ボランティアさんや応援隊のみなさんに「いってらっしゃ~い」

と見送られ、時計を見つつ慎重に走りました。

 

沿道のみなさんの応援にはすごく元気をもらいました。

ちっちゃいお子さんもハイタッチの手を差し伸べてくれて、

素手でハイタッチした方はみなさん冷たい手をしておられ、

名前を呼んでの声援も嬉しいものでした。

仁和寺あたりで友人と相方と娘が待っていてくれました。

たれまく

 

友人作の垂れ幕。私が通るまでは「はしれ!」のところまで折って応援してたそうです。

そして今宮神社で両親が、今宮さんをを過ぎたあたりでもう一人友人が待っていてくれました。

めっちゃ元気がでましたし、楽しかったです。そのころまでは・・・

 

その後時雨れてきて、足もだんだん重くなっていき、でも6時間のペースランナーさんに会うたび

「ちゅうちゃん!」と励ましてくださって嬉しかったです。

 

給水のスタッフさんも名前を呼んで応援してもらい元気がでました。

 

時計を見つつ、第1関門から第4関門までを6分~8分ほどの余裕で?過ぎ、

第5関門の西賀茂橋西詰もなんとかクリア。

次は、地下鉄北山駅に相方の両親が待ってるのでそこまではなんとか行かねば!!

北山駅付近ではまたまた友人と相方と娘がいて、両親はどこ・・・?

と探しましたがわからず・・・北山通りは歩いたり走ったりでした。

松ヶ崎あたりでは、「もう25キロ来たからいいやん」と思い始めましたが

相方の両親がずっと待っててくれてるので力を振り絞り走って・・・

コンサートホール前の第5関門を過ぎたあたりで会えました(^^;)

その時は「もう足が痛い~」と言ってました。

 

実は松ヶ崎を歩き走りしてるあいだに植物園にいると親戚からメールが入り、

これは植物園までがんばらないと・・・( ;∀;)

ということで、植物園も歩き走りで。

結局親戚には会えませんでした。

植物園に花は咲いていたのでしょうか(+_+)

 

やっとの思いで賀茂川河川敷にきましたが、下りの石畳がこたえること!

このあたりの沿道の応援の方は、マラソンを知っておられる方も多く

スプレーなどの差し入れや、

「足が痛いのは気のせい」

というプラカードを持って応援されていた方も多かったです。

 

こんな最終ランナーまでの長い時間の応援、本当に頭が下がります。

 

うんうん、足が痛いのは気のせいやと声に出しながら泣き笑いで

走ってみますが痛めた右足に力が入らずふんばれません(T_T)

 

いつの間にか6時間のペースランナーさんも見えなくなりました。

 

とうとう31キロの地点で、スタッフさんが

「あと1キロ2分で関門」と・・・

 

無理とわかり写真を。

2015021513240000

 

 

あとのスタッフさんは「お疲れさまでした」とねぎらってくださいました。

 

20150215133600002015021513360002

 

そして32キロをすぎたところの関門に着きました。

2015021513390000

 

チップを返却し、これに乗ってゴールまでいきました。

 

 

車中でみんなにメール。

 

みやこメッセで手荷物を受け取り、完走タオルとメダルを持ってはる方々をうらやましく

横目でみながら待っていてくれた家族友人と帰路につきました。

 

 

完走率は95.2%とのこと。

 

〇代最後の挑戦は準備不足で終わりました。

 

 

 

超初心者の初マラソン、練習は自分との戦いですが裏切らないことを知りました。

何にでも通じることですね。結果はついてくるんですね。

でも練習の仕方も考えなければならないことも知りました。

目標を変えてもいいことも知りました。

いろいろと勉強させていただきました。

 

 

知り合いや地域の方もボランティアとして参加され、京都こぞっての大会運営、

関係者の方々ありがとうございました!

交通規制でご不便をおかけした方々すみません!

 

お陰様で楽しく走らせていただけたことに感謝いたします<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かへの新年会の会場は・・・

 

先日はかへのもり墨海庵大人クラスの新年会でした。

 

いつもグルメのT田さんに会場をお任せしているのですが、

今回は和食の野菜中心のお店ということで、楽しみにしていました。

外観

 

のれん

 

入口には「信三郎帆布」さんの暖簾。

 

お昼は予約のみだそうで、二階の掘りごたつ式のテーブルに案内されました。

 

・・・と座るやいなや、目に飛び込んできたのが見おぼえがあるような書。

近くで落款をよく見ると、なんと!!!

 

先師、宮澤秀巖先生のものではないですか!!???

ふと横をみると、同じく秀巖先生のものらしき書が。

 

ええ~~!!ほんまかな、なんでやろとお店のご主人に作者のお名前を聞くと

「宮澤秀巖さんです」

とあっさり答えてくださいました。

 

!!!

ご紹介していただいたT田さんも鳥肌がたったそうです。

 

お聞きしたところによると、ご主人のおじい様が秀巖先生と親しく、

以前おじい様が亀岡で旅館をされていたときに、広間で揮毫されたりして

作品をたくさんお持ちだそうです。

 

書風や落款の書き方からすると、相当お若い頃、私はまだ弟子入りしていない頃の

作品のようにうかがえます。

 

お店のあちこちにあった秀巖先生の作品をご紹介します。

 

 

一番に目に入った作品です。

修

 

その横に

 

 

竹

 

 

遠くからみるとこんなふう。

 

書の間

 

大きな馬の毛の筆も、名入でした。

筆名

 

一階にも。

 

水流

 

 

こんな作品も作られていたんですね。

 

月

 

これもかな?

わかりにくいですが夢と書いてあります。

 

夢

 

 

書道の会でつこてくれはるなら、全部書にかけかえます。

とのことでしたが、あといったい何点お持ちなのでしょう!

 

 

書ばかりのお話になりましたが、お料理も器も抜群でした。

 

 

いっぱい撮ったのにあんまりうまく撮れてなかったので(^^;)

〆のご飯は土鍋で炊いたもので、美味しいお漬物の盛り合わせとでみんなおかわり♪

 

 

土鍋

 

急須もいろいろ、金継ぎされたレトロなものも。

 

急須

 

 

お会計は葉っぱに書かれてきました(*’▽’)

 

お会計

 

なので、私も裏に御礼をしたためました(´▽`)

 

 

みなさん

 

みなさん目も心もお腹も大満足!

 

 

 一度萌翠会のみなさんで訪れたいこのお店は

 

「京和食 ようしん」さん

http://www.youshin-waraya.jp/tennai/youshin.html

 

お店のHPにも宮澤先生の書がみえます。

 

 

若き秀巖先生にお会いできたような、新鮮で懐かしい気持ちになった新年会でした。

みなさん、ありがとうございました(*^-^*)

 

 

 

 

 

1

↑ページトップへ

Get Adobe Flash player