第四十四回萠翠展

 

琴瑟和来五十年 家栄身健子孫賢

人生幸福何加此 亀寿鶴齢偕老天

金婚式

 

 

 

 

桐の葉も踏みわけがたくなりにけり必ず人を待つとなけれど

あしひきの山つばき咲く八峯越え鹿待つ君のいはひ妻かも

 

桐の

 

 

 

 

うごく光は。ほたるさん。動かないのは。おほしさん。

 

ひかり

 

 

 




コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバック

トラックバックURL: http://kaheno.jp/2015/0214154528.html/trackback/

↑ページトップへ

Get Adobe Flash player