反故紙で紙漉き

 

ゆく夏をふりかえって。

夏休み、子供たちを対象に「世界で一つのエコカードを作ろう!」

ということで、普段練習している半紙の白い部分を使って紙漉きワークショップをしました。

 

まずは、書き損じの半紙から白い部分を細かく手でちぎります。

そして水を入れたペットボトルにちぎった紙を入れ、思いっきりシェイク!!

ダンスしながらシェイクしてるK君。

 

ペットボトルの水が白く濁りトロッとしてきたら、色をつけたい場合はお花紙で色をつけます。

そして型に流し、厚さが平均になるよう整えて

 

型をはずし水切りします。

吸水シートとタオルで十分水切りしたら、板に貼って

乾いたら出来上がりです(*’▽’)

好みの色や型で、カードやコースターや栞、ハガキサイズを半分にして紙をはさんだメモ帳など

いろいろできました!

こちらは、カードに自分のサインを入れるため、篆書の辞書を引いてるS君です。

反故紙の端っこに赤で篆書を書いて印の代わりにし、四角くちぎって漉いたカードに貼り付けました。

 

 

みんなの出来上がりはこんな感じ(^_-)-☆

 

夏休みの思い出です(o˘◡˘o)

 

 




コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバック

トラックバックURL: http://kaheno.jp/2017/0831170912.html/trackback/

↑ページトップへ

Get Adobe Flash player