ほな、おおきに(ブログ)

2017年

第六八回京都勤労者文化祭書道展

 

九月二八日から十月一日、秋晴れに恵まれた京都です。

 

今年も篆刻で出品させていただきました。

 

反省だらけの拙作です

 

 

今年は応仁の乱勃発から550年の年だそうで。

呉座勇一氏著の「応仁の乱」は図書館では280人待ちの人気です。

西陣は西陣織の名前にもあるように有名ですが、東陣(ひがしじん)はほとんど知りませんでした。

今年は記念の年ということで知名度アップを図る活動がいろいろとされてるようです。

 

細川勝元と山名宗全、文化人と武人タイプで反対の人柄であったともいわれてるそうなので、

字体を少し変えてみました。

刷毛で色をつけ、廻りに時代がかった裂を貼って雰囲気を演出したつもりです。

 

 

土曜日は五風会の懇親会でした。

京都のビールで乾杯!

 

各教室の皆さんが篆刻をはじめたきっかけをテーマに自己紹介。

皆さんのエピソードをお聞きしていると、褒めて育てる前川両先生のもと、

楽しんでおられる様子がうかがえます。

わたしはまだまだ楽しんで刻すところまで至ってません(/o\)

はやく「方寸の世界にハマった!」と言ってみたい・・・(๑′ᴗ‵๑)

 

最終日の表彰式の様子です。

 

 

同じ教室のMさんが受賞されました!

おめでとうございます!!*⌒*キャ(p*′▽`)p(p*′▽`)pキャ*⌒*

 

 

 

 

 

反故紙で紙漉き

 

ゆく夏をふりかえって。

夏休み、子供たちを対象に「世界で一つのエコカードを作ろう!」

ということで、普段練習している半紙の白い部分を使って紙漉きワークショップをしました。

 

まずは、書き損じの半紙から白い部分を細かく手でちぎります。

そして水を入れたペットボトルにちぎった紙を入れ、思いっきりシェイク!!

ダンスしながらシェイクしてるK君。

 

ペットボトルの水が白く濁りトロッとしてきたら、色をつけたい場合はお花紙で色をつけます。

そして型に流し、厚さが平均になるよう整えて

 

型をはずし水切りします。

吸水シートとタオルで十分水切りしたら、板に貼って

乾いたら出来上がりです(*’▽’)

好みの色や型で、カードやコースターや栞、ハガキサイズを半分にして紙をはさんだメモ帳など

いろいろできました!

こちらは、カードに自分のサインを入れるため、篆書の辞書を引いてるS君です。

反故紙の端っこに赤で篆書を書いて印の代わりにし、四角くちぎって漉いたカードに貼り付けました。

 

 

みんなの出来上がりはこんな感じ(^_-)-☆

 

夏休みの思い出です(o˘◡˘o)

 

 

第2回錬成会

 

朝晩過ごしやすく、虫の鳴き声もきこえはじめて秋めいてきた京都です。

今日は錬成会でした!

 

昨日、泥縄で作品づくり(*ノωノ)

俳句の夏井先生が鉛筆で髪をたばねておられるのをテレビで拝見したので

小筆でマネしてテンション上げて(^^♪

 

 

なんとか持っていけるものができたので、全紙用の下敷きを風呂敷に包んで準備OK。

 

 

午前中の合評のあと、今回はK先生が竹の筆で席上揮毫してくださり、その後

みなさんで試し書きをさせていただきました。

 

 

そして合評での課題をふまえ、それぞれが作品にとりかかりました。

かへのもり墨海庵教室の生徒さんも、普段は指導を受けられない各先生方の制作風景を拝見したり

細かいアドバイスをいただいたりで刺激をうけ、手ごたえを感じてもらえたようです。

締め切りまであと少し、この勢いで仕上げていってほしいです。

はい、自分もですが( `ー´)ノ

 

 

 

かへのもり物語

 

6月から地域の診療所のミニコミ誌に掲載させてもらっています(夫)

 

第1回目は「柏野に来た有名人」

 

第2回目8月号は「高橋はなぜ高橋か?」

 

二か月に1回の掲載です。

興味のある方はさしあげます( *´艸`)

 

茅の輪くぐり in Tokyo

 

 

4月に入選通知が届いた「日本の書展公募臨書展」

 

 

どんな展示か見にいってきました。

早朝の新幹線、三島駅手前ですこし停まりました。

 

14分遅れで品川に到着。

 

スマホは持ってないので、今回は事前にグーグルマップで調べたコピー片手に不案内な東京を歩きます。

まずは東京の天神さん、「湯島天満宮」へ。

「御徒町」で降りると書いてあったので降りたら目に飛び込んできたのが「アメ横」という文字。

すぐそこのようなので、ぐるっと一周することにしました。

朝早いのでお店はあまり開いてませんが、24時間営業の居酒屋さん、呼び込みのケバブ屋さんなど、

独特の雰囲気を初体験(*^^*)

 

湯島天満宮には一本道をいけばいいみたいです。

そこそこ歩いて見つけました!

入ってみると、正面玄関ではなかったようです。

筆塚


 

牛さん

 

 

 

七夕飾り

 

 

無病息災を祈り、茅の輪くぐりをしました

 

こちらにも筆塚

 

梅園には梅がこぼれていました

 

日下部鳴鶴書の菅公一千年碑

 

生徒さんと自分の書道上達祈願をしていると、雅楽演奏が。

結婚式でした

 

灯ろうも美しい

 

こじんまりしたいい天神さんでした。

次は、谷中へ。

谷中銀座にたどりつくまで「千駄木駅」から相当歩きました… 迷ったってことです。

でも街の雰囲気を楽しむことができました。

結局小学校の前に何かの行事で受付におられたママさんに聞きました。

岡倉天心記念公園を通り、谷中銀座につきあたりました(^^♪

 

 

京都の錦小路のような雰囲気です。

昔からのお店や新しいお店が食べ歩き用にいろいろと売ってます。

おいしいお饅頭屋さんがあるという情報を得ていたので探したのですが、はっきり住所を控えてなかったので

たどりつけませんでした、残念(T_T)

そのお饅頭屋さんの店内で食す予定を変更して、こちらのお店の店頭で

 

寒天です!(^^)!

赤えんどうが珍しかったので。

塩気が効いていて、黒蜜も濃厚で美味しかったです。

ほかのお客さんはところてんを注文する人が多かったですが、わたしにはところてんは馴染みがなく、特にお酢を

かけては食べたことないです。

 

さあ、お次は本命の新国立美術館へ。

 

後方から入ったようで、すぐに臨書部門がありました。

勉強のため、皆さんの写真をまとめて撮って…

あれ、拙作はどこかな?と思ったら

 

ありました!知らずに写真撮ってました(^-^;

 

そして、西村東軒先生によるギャラリートークです。

巨匠の作品から一点一点作品解説してくださいました。

西村先生の作品の前です。

 

 

ず~っと歩いて臨書部門のほうへ。

あれ、拙作の前に先生が!

作品の批評をしていただけるのかとドキドキしていましたが、お向かいの作品でした。

同じ題材を臨書してもみな同じでない。同じでないけどいいんだとおっしゃいました。

西村先生もかつて師匠に臨書作品の手本をいただいた時に、「似てません」と師匠におっしゃったそうです。

師匠は目の前にあるコップを手にとり、「私とあなたとでは同じコップでも見えてる柄がちがうでしょ?

そういうことなんだよ」とおっしゃったそうです。

それぞれがどこを見て臨書してるかということです。

 

巨匠の作品から臨書作品まで、丁寧に説明していただき勉強になりました。

 

その後近くの「根津美術館」へ。

おしゃれな表参道を少し歩きました( 〃 ❛ᴗ❛ 〃 )

 

「はじめての古美術鑑賞ー紙の装飾ー」

料紙の装飾技法や古筆の作品解説がわかりやすく、再現された作品はとても美しかったです。

 

さて、あと1件予定していました。

お初のスカイツリーです(*´▽`*)

新幹線のチケットに入場券が付いていたので、これは行っとかないと。

エレベーターを降りると

 

 

進撃の巨人とのコラボ企画をやってました。

展望デッキも展望回廊も夜景を待つお客さんが座りこんではります。

カフェの割引券もついてたのですが、行列なのでパス。

 

東京駅まで迷うかもしれないので、早めに向かうことにしました。

 

わりとスムーズに着いたのですが、ホームを確認するまでにいろいろ楽しそうなお店があって

寄り道してたらいい時間になりました。

夕食は食べる時間がなかったので駅弁を買ってホームへ。

 

帰りま~す。

 

 

駅弁食べたら、アラームをセットしておやすみなさい!

やっぱり緊張してたのか、アラームが鳴る前に目覚めました(*⁰▿⁰*)

 

盛りだくさんな東京、よく歩きましたが楽しかったです。

 

また来れるように明日からがんばりま~す٩(*❛⊰❛)ʓਡ~❤

 

 

 

五風会展と錬成会(その間同窓会&ギックリ腰(;’∀’))

 

五月に入ってからスケジュールが押せ押せで(^-^;

振り返りもまとめもできてませんでした。

 

まずは篆刻の五風会展

5月13日14日、ご高覧いただいた皆様、ありがとうございました!

今回は普通の作品と遊びを入れた作品の2点出品しました。

先生や会員の皆さんの作品を、カメラを忘れてガラケーでしか撮影できなかったのが残念で…

こちらが拙作です。

...めちゃくちゃわかりにくい(;’∀’)いまどきこんな画像でお恥ずかしいかぎりです。

「銀河急行」と刻しました。

新潮文庫の「銀河鉄道の夜」の装丁を参考にさせてもらい、模型は夫が作りました。

それに合わせて帯どめを自作。UVレジンのアクセサリーに初挑戦♬自己満足です(*^^*)

 

 

 

そして翌週は錬成会。

作品は2点持っていき、合評では1点はまあまあ合格点でした。もう1点はもう少しがんばります。

いや、どちらもまだがんばりますっ!

 

午後からの実技を前に、M下先生が大字仮名を揮毫されました。

 

その後M下先生による筆かための講習会。

 

 

初めての体験でしたがなかなか楽しく、さばけた筆がよみがえり嬉しかったです(*^-^*)

 

それからそれぞれの作品にとりかかり

 

M井先生のダイナミックな範書も拝見でき

 

超充実の錬成会でした!

 

その間に中学時代のバレー部同窓会があり、いちおう幹事の一人だったのです。

中学時代、バレー部の同級生は18人。

まだ水分補給をしてはいけない時代のことです。18人全員で厳しい先生についていき、府下大会、近畿大会

全国大会にみんなで行きました。

今回初めての同窓会で18人中12人が集まり、一瞬で中学時代にもどりました。

日にちを間違えて終わりかけに来たMちゃん

エアサーブの罰ゲームヾ(≧▽≦)ノ

 

 

そんなこんなで先週の子どもクラスで急に腰が「ピキツ(@_@。」となり二週間弱になりますが

そこそこ回復しております<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

 

わびすけの会

 

先週、10年前までお茶の先生をされていた長寿会Kさんのお誘いで、

皆さんで楽しい時間を過ごさせていただきました(#^.^#)

 

いろいろな椿を育てておられるのでこの会を「わびすけの会」と名付けることに(^^♪

第1回わびすけの会はKさんがお座りになれないので、新潟から移住されてきたMさんが

お点前の係をしてくださいました。

二服目はみなさんでお茶をたてあい、私も久しぶりに点前座にすわりました(^▽^;)

 

お道具のことをいろいろとお聞きして、メモを取ったのですがそのメモがどっかいって~~(T_T)

間違った説明になってはいけないので、写真だけでご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑こちらの版画は、今回の「吉野棚」にあわせて「常照寺」です。

お茶碗は「膳所焼き」が多く、ご主人が大安の日にお買い物をされると知っておられるKさんは

大安にご主人をお買い物にさそい、まんまとお茶碗を買ってもらうという逸話を披露してくださり

みなさんで爆笑(*゚▽゚*)

 

準備に腐心してくださったKさん、お点前の係で動いてくださったMさんのおかげで

非日常の良い時間を過ごせたとみなさん喜んでおられました。

最後に、この会が続きますようにと記念写真を。

 

 

 

萠翠会新年会

 

日曜日は萠翠会の総会と新年会でした。

一年のスケジュールと予算が無事決まりお楽しみのランチタイム(^^♪

着物を着ていたので、「お使いくださいませ」とホテルの方が差し出して

くださったのがナプキンホルダー?これでナプキンを首からぶら下げ汚れよけです。◇につけたので「金太郎さんみたい」と言われました(^▽^;)

あっという間にデザート(*´▽`*)

というか、カメラを持って行ったはずがない!!

しかたないのでガラケーで撮ったのでいまいちで(^^;

お着物姿や和気あいあいの様子は先生方のお写真からお借りしました(^-^;

梅柄の絞りの着物が素敵♬U先生

紬に紅型の帯が明るいK先生

理事長先生とわたし。長寿会の方にいただいた帯です。織柄の花の上にご自分で刺繍をのせられたお手間いりのもの。

 

食事後もおしゃべりタイムはつづく(#^.^#)

 

 

 

 

 

moko画伯のポストカードを購入♬

 

 

帰りに父と自撮りヾ(≧▽≦)ノ

 

それにしてもカメラが行方不明、どこいったんやろう~(T_T)

 

 

待望の!!

 

いつも萠翠会の運営に尽力されている事務局長の上田秀曠先生が、待ちに待った教室を開講されます!

それに先立ち、亀岡と京都では個展を開催されます(*‘∀‘)

 

 

「道の途中」というタイトル…

いつも故宮沢秀巖先生のお教えを守り精進されている上田先生がこんなことをおっしゃると

わたしなんぞは道の入り口にも立っているのかどうか…

上田先生の真摯な姿勢にはいつも感動しています。あとを追いかけがんばらねば!

とても分かりやすいHPも立ち上げられました。

 

秀曠 書のひろば

http://www.shuukou-shodo.com/index.html

 

 

ぜひ訪れてみてください(#^.^#)

 

京都現代書芸展と天神さん

 

久しぶりに気温も上がりいいお天気なので朝から

自転車で京都文化博物館へ。

あ、その前に二条の「龍枝堂」さんへ。

セールのご案内を久しぶりにいただいたので、長寿会の方の頼まれものもあ

り立ち寄り、その後篆刻の先生が出品しておられる京都現代書芸展へ。

漢字、仮名、刻字などいろんな作品を拝見して、

1階の「楽紙館」さんで可愛い素敵な紙たちを見て(^^♪

帰りに市役所前で京野菜フェスタをやってたので、新鮮なお野菜

を買いいったん帰宅。

午後からは北野天満宮の天満書の表彰式と作品の回収に。

今回一般の方も含めて金賞4名銀賞4名でした。

おめでとうございます!

にぎわってました~。今日から梅園が公開だそうです。

審査員の先生方

 

娘の作品

なぜ「元素」?

昨年日本が発見した新しい元素「ニホニウム」にちなんで…

だそうで(^▽^;)

 

 

12

↑ページトップへ

Get Adobe Flash player