書・表装・篆刻

児童書に・・・

じてん 

 

↑↑↑

 

この児童書に、私が作った和のブックカバー「秩」の写真が載っています(#^.^#)

 

 

 

ちつ

 

 

「読む」

の類義語「ひもとく」

 

の説明に使用されました。

 

巻末には

掲載

 

公共の施設さんなどとともに、「かへのもり墨海庵」

という名前も(#^.^#)

 

 

きっかけは、こちらのブログです。

 

和のブックケース 四方帙

 

いや~、

ここから見つけはったなんてすごいなあ!!

 

新年度になりましたがご報告です、卒業しました

      

 

ご無沙汰しております。

 

桜の花も見ごろになり、新たなスタートの4月となりました。

 

3月は卒業の季節でした。

 

娘が小学校を卒業。

 

卒業式には振袖を着付けることができ

いい思い出となりました。

 

s-CIMG3166

 

着付けをお願いしようと思った先生がご都合が悪く

自宅に何回か教えに来ていただき、なんとかがんばりました。

 

でも教室では背もたれ付きの椅子で帯がくちゃっくちゃに・・^_^;

s-CIMG3147

 

ぼっかいあん教室の生徒さんからお花もいただき

お空も号泣の卒業式でした。

花

 

 

 

4年生のときに出会った五色百人一首も、一旦卒業。

 

友達もなく一人で入ったクラブチームのみなさんにはよくしていただき、

卒業の会で寄せ書きをプレゼントしていただきました(T_T)

 

よせがきjpg

 

「かにとたわむる」

というゲームのキャラクターになっています。

チームのパパさんが開発されたゲームです。

面白いのでぜひやってみてください♪

 

 

6年生の一年限定で、もと担任の先生が立ち上げられたチームも

最後にチーム内大会をしました。

さいご

 

 

 

お世話になった先生に手書きTシャツをプレゼントしたのですが・・・

 

 

Tシャツ

 

はい、やらかしました(>_<)

 

 

Tシャツ

 

こちらが正解です(~_~;)

 

赤いほうはやり直します。

 

先生申し訳ありません!!

 

 

昨年度の失敗をふまえ

心新たに新年度スタートします!

 

 

最近のいろいろ

 

 

しばらくご無沙汰しておりました。

 

インターネットになぜが繋がらず、数日後なぜか復活しました^_^;

 

 

最近の出来事をいくつか。

 

 

 

まず表装教室です。

 

前回裂の裏打ちをしたので、だいぶ前に裏打ちをした作品をとりだしてみると・・・

 

裏打ち紙が一部浮いています(>_<)

 

原因は糊が少なすぎたようで、はがしてもう一度裏打ちをやしりなおし。

 

裂はパーツに裁断して、今回はここまでしかできないので作業は終了です。

 

こんなかんじになります。

 

 

裁断

 

 

 続いて篆刻教室です。

 

昨年から持ち越していた成語印がようやくできあがりました。

 

天地不二

天地不二

 

 先生のブログに皆さんの印がUPされていますのでどうぞ!

↓↓↓

http://ameblo.jp/maekawaseiidou2/entry-11764162913.html

 

次回は模刻に挑戦です。

古典を学ぶことは書と一緒で大切なんですね。

インプットなしにアウトプットなし。

 

 

 

さて、節分は今年も釘抜きさんへお参りに行き

本物の昆布茶をいただきました。

お賽銭と一緒に年の数だけ炒り豆を包んで納めるのですが

今年もその入り豆を鉄板でつくりました!(^^)!

 

 

炒りマメ

 

 

 

 そして娘がハマっいるのがキャベツと生地だけのうす~~~いお好み焼き。

うすい

 

チーズやお餅を入れたふわっとボリュームのモダン焼きも好きですが

ペラペラもなかなかいけます(^_-)-☆

すぐ焼けるしね。

 

中学生の頃は、もっと薄くもっと薄くと母にリクエストしてました(^.^)

 

 

この鉄板、古くて場所をとるのですが使いだすとやっぱりいいので

ホットプレートは買えないかな~。

 

 

表装教室のついでといっちゃなんですが

 

昨日は表装教室。

 

雨がふっていたのと、その後いろいろと済ませたい用事があったので

市バスの一日乗車券でGO!

 

なにを考えてたのか、バスを乗り間違え遅刻(>_<)

一日券でよかった^_^;

 

作業は、裂の裏打ちです。

 

 

キレ

 

遅刻したので、時間オーバーしました(>_<)

先生、お昼休みすくなくなってすみません!<(_ _)>

 

 あわてていたので画像ボケてます^_^;

 

 

 

 

 

 

その後、通りかかった足腰の神様、護王神社さんにお参りしました。

 

節分

 

 狛犬ならぬ狛イノシシ

 

 

ゴオウさん

 

 

 2月16日にせまったきた京都マラソン。

 

 練習不足で走る予定の相方が、無事完走できるように祈願!!

 

 

 

 

 

 ついで参りはあかんと言われますが

 決してついでちゃいますので!

 

 

 

 

 

 

萌翠会 総会新年会

 

先週末、萌翠会の総会と新年会がありました。

 

毎年席クジの担当をしておりますが、

今年は干支の馬にちなんだ故事成語など。

 

今回は、総会後に師範免許授与式もありました。

 

長く精進されたKさん、感慨無量のご様子でした。

おめでとうございます!!

 

 

今年も元気で、楽しみながら続けていきましょう

という理事長先生のご挨拶のあと、カンパイ!

 

 

お食事は和食。

 

s-P1100189

 

 京都国際ホテルさんですが、今年いっぱいでなくなるとか。

個室が無料で使わせてもらえ、利口な料金で満足のお料理なので

なくなると困ります(>_<)

 

 

さて、この日のおキモノさん。

 

 

u先生

 

 

 

k先生

 

 

P1100186

 

長寿会の方にいただいたおキモノのわたしはどれでしょう~(#^.^#)

 

 

 

 

天神さんの梅

 

むめ

 

 

 

 

 

お祝の会

 

篆刻の先生が日展に初入選されたので

お祝いの会がありました♪

 

いつも誠実で謙虚な先生。

花束贈呈に深々とお辞儀されています。

 

ふかぶか

 

 

挨拶される先生

先生

この若さで初入選を果たされとても嬉しそうでした♪

お父上先生も同時に入選されています。

おめでとうございます!!

 

お料理はテーブルバイキング形式でしたが、

気がつくと一枚も撮ってません(^_^;)

 

先生は65名の出席者の方々一人ひとりにお酌をされていて、

テーブルにつかれたのはなんと終了10分前でした(>_<)

 

 

帰ったら、着物の写真も撮ってなかったことに気付き(^_^;)

 

帰宅

 

 

道行コートをぬいだら、着付けががさがさになってました(~_~;)

きもの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受験生応援!!

菅家

 

 

学問の神様、菅原道真公の御歌

 

海ならずたたへる水の底までも 清き心は月ぞ照らさむ

 

 

 

勝手に超訳して

 

 

これまでがんばってきたことは、自分が一番知ってる、

お月様も見ていてくれてるよ!

 

 

 

 

今日の表装教室

 

今年初めての表装教室でした。

 

 

昨年末もお休みしていて、久しぶりだったのですが

今日も、裂を選んだだけで・・・・

 

 

きれ

 

 

失礼させていただきました<(_ _)>

 

 

 

 

展覧会いろいろ

 

連休中日は女子駅伝でした。

京都優勝おめでとうございます!

 

岡崎付近の朝の様子です。

看板

 

目的は美術館。

向こうには、消防出初式の出番を待つ人やら。

 

でぞめ

 

帰りの渋滞を心配しつつ日展へ!

 

篆刻の先生の作品をはじめ漢字、仮名の大作をじっくり拝見しました。

特選受賞者の方には、今年は受賞理由が貼りだされていました。

 

 

 その後は、近くでやっている小品盆栽最大の展覧会

「雅風展」へ。

 

今回も関心して眺めさせていただきましたが、

紫式部がこんなになるなんて・・・(゜o゜)

 

紫式部

 

 

そして、即売会場でこんなのみつけました!

まつぼっくり

 

まつぼっくりから芽が(^.^)

 

これからどんな成長をするのか楽しみです♪

 

 

その後は、四条河原町の京都市教育委員会の施設でやっている

児童の書初め展へ。

 

生徒ちゃんの作品が出品されていると聞き、見にいきました~。

たくさんの中から、生徒ちゃんの作品をみつけ

「よく書けてる!」と納得。

ほかにも、かるたのクラブで一緒の子や娘の作品も展示してあるのを

みつけました。

 

そしてお次は大阪へ。

 

なんば高島屋での二十人展。

 

 素直ですっきり上品な仮名作品が大好きな

横山煌平先生のギャラリートークをお聞きする事ができました!(^^)!

 

以下、横山先生のお話から少し・・・

 

 

短い、長い、いろいろな方向へと流動する漢字作品にはない

「ちらし書き」という特徴をもつ線美の仮名作品。

それを作り出す筆のことを魔法の筆とおっしゃっていました。

 

仮名作品の特徴は三つ、

・流動する線の流れを強調する

・作者の技量によるちらし書き

・墨色の美(渇筆のねらい)

 一度つけた墨で書く線の中での墨色美は、全体に墨が少なく

 ポイントで濃くするところを作る。

 

お話の中で、「品格の高い」「すっきりとした」「透明感のある」

「さわやかな」ということばを何度もお使いになりました。

 

 先生の狙っておられることと、私が受け止めた印象が一緒だと

喜んでおりましたが、

 

今回は、こちらの二十人展も作者の一言メッセージが作品の横に貼り出されていて

それによると「透明感」と思っていたのは「澄明感」で、

先生はそう表現されていました。

 

なるほど、おっしゃるとおりです。

 

お話を聞いていたお隣に、早朝臨書の杭迫柏樹先生がいらっしゃいました。

 

ほかに、井茂圭洞先生や、原田玉童先生のお姿も拝見しました。

 

現代の最高峰の先生方の一言メッセージには、表現の難しさや、

生涯の課題といったまだまだ発展途上のように謙虚な言葉が並んでおりました。

 

 私のような凡下は、亀でも牛歩でも少しでも前にすすめるよう

日々を心して過ごしてゆかないと、日常にながされて一生終わりそうな。

 

深く永い書の道です。

 

二十人展

 

 

 

 

 

 

 

 

あけましておめでとうございます

 

 

 

 

完成 

 

2014年も明けて3日がたちました。

わりと穏やかなお天気にめぐまれました京都です。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

旧年中は、拙いつれづれにお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

 

今年は、「少しだけ習慣を変えてみよう!」作戦を遂行する所存でございます。

 

いつまでも西暦と和暦の年号を間違えるわたしから脱却できるでしょうか(^_^;)

 

 

 

そして、

 

今あることに感謝することをわすれない

 

です。

 

 

 

どうぞ本年もよろしくお願いいたします<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ページトップへ

Get Adobe Flash player