つれづれ

京都マラソンとmy硯づくり

 

一月がいってしまい、二月が逃げようとしています(^▽^;)

 

2月18日は京都マラソンの日でした。

普段マラソンをしているわけでもないのに、なぜかポチっとしてしまう京都マラソン。

三年ぶりに当選しました。

三年前はなにもわからず怖いもの知らずで走り、30キロ過ぎの関門に間に合わず完走ならず。

バスで回収され平安神宮に戻ったとき、完走者の方がフィニッシャータオルをかけて歩いてはる姿をみて

悔しい思いをしました。

 

そして、今年は「50歳からのフルマラソン」という本を参考に、エントリー後からケガをしないように

それなりにトレーニングして完走することができました!!

 

 

前々日の金曜日、受付をしにみやこめっせへ。

ゼッケンをもらい「おこしやす広場」というイベント会場へ行くと、ちょうどコース攻略のアドバイスをされていました。マラソンは20キロからが本番と聞いて深くなるほど!と思い、エイドでは必ずスポーツドリンクと固形物をとること、エネルギージェルなどは給水所前に食べて、手が汚れた場合は給水所のお水でさっと洗うといいなどの情報を得て、やる気モードに入っていきました。

東日本大震災の復興支援も掲げている京都マラソン、おこしやす広場では復興支援コーナーもあり、その中で宮城県石巻市の「雄勝硯」のコーナーがあることを三年前に知っていました。

今年はどんなんかなとのぞいてみると、前と少し様子が違います。自分で石を選んでデザインする「my硯づくり」という体験コーナーがありました。

自分好みの硯が作れるなんて~~!このチャンスを逃すわけにはいかないと、急ではありましたが体験することにしました。

さんざん迷って選んだ石の裏に、まずルーターで自分の名前を彫ります。

 

次に、表に向けて型をとり自分の好みのデザインを指示書に書きます。

その後彫刻刀で荒堀して、あとは職人さんに仕上げてもらうという手順です。

3か月後に手もとに届くそうで、楽しみです(^^♪

 

さて、前日は軽くウォーキング&ラン。

当日は寒かったですがお天気はよくなりました!

初心者なので、最後尾の補助競技場からの出発です。見えないところでスタートセレモニーをやっていました。

スタートの号砲から約15分後にスタート地点につきました。

競技場を出るときから、ボランティアの方々から「いってらっしゃーい」と声援をもらい、笑顔で走りはじめました。

沿道の人々やボランティアの方の応援やハイタッチは楽しく、力をもらえました。

自宅近くの金閣寺付近ではPTAや地域で尽力されてるパパ友さんに声をかけてもらい、15キロ付近、母校の近くに家族がいてくれたところは余裕でした。もう少し行ったところでも友人が待っててくれました。それから少ししんどくなりましたが、20キロ付近の給水所に、娘の友人がボランティアで頑張ってくれてます。そこまではなんとか笑顔で行きたい!との思いでがんばりました。娘の友人を見つけて「おつかれさん、ありがとう!」と声をかけると笑顔で「がんばってくださ~い!」と返ってきて元気でました。

さあ、ここからが本番です。

足がだんだん重くなってきましたが、前回だめだったの30キロ過ぎの関門は絶対越えたいとの思いで走りました。

30キロ手前でまた家族が待っててくれ、思わぬ応援に「足がガクガクやわ~」と言いながらも元気をもらいました。

10分ほどの余裕をもって関門を過ぎて、やった!と思ったのですが、このペースより遅れると完走できないということに気づきました。

でも、もう右足が踏ん張れない。歩きながらエナジージェルをのみました。

小学生くらいの男の子が「スプレーどうですか?!」と言ってランナーに差し出してくれていて、ありがたくお借りしました。助かりました!!

練習は、コースを主に走ってましたので「このコースはいつも走ってる」と言い聞かせて走りました。

なぜか涙がでてきました。

河川敷を上がって、市役所前はどんな景色だったか覚えてません。

そして一番しんどい東一条付近では、かつてOLだった頃の先輩が応援にでてくださっていてビックリ!、何十年かぶりの再会に涙がでました(T_T)

40キロを過ぎてあと2キロの声が聞こえたとき、時計をみて「わ~絶対いける、うれしい~」と声にでました。

後ろから抜いていったランナーさんが振り返って「やりましたね!」と声をかけてくださいました。

また泣けてきました(T_T)

さあ、平安神宮の鳥居が見えるというとき「竹田さ~ん、竹田さ~ん」と聞こえ声の方をむくと、

生徒さんのママさんが笑顔で迎えてくれて、寒いのに待っててもらって嬉しく、最後の力がでました。

そしてfinishです。

 

5時間45分。

15分も余裕があります、上出来です!

 

沿道で応援してくれた皆さん、ランナーズアップデートをみながら応援してくれた皆さん。

皆さんの応援のおかげでがんばることができ、無事完走できました!!

ありがとうございます!!

そして、翌日からの体がほとんど何ともなかったのは、毎週ピラティスレッスンで疲れない体づくりを教えていただいてる丹羽先生のおかげです。

気持ちよく息を吸うと内蔵が上がり、背骨と背骨の間隔が伸びるというレッスンをしています。

「50歳からのフルマラソン」という本にも、走り方のところに「あやつり人形のように」と書いてありましたが、まさしく同じことを丹羽先生は日常でもそのように生活すること、みぞおちから手足が出てる感覚でとおっしゃっています。

なので走ってる間はいつも「ピノキオ、松葉」と思いながら走り、たまに息を大きく吸って頭のてっぺんからつり上げられるような感覚で走るようにしていました。

 

ブログを書いてる間に二月は逃げてしまいました。

三月は去るでしたね。

でも春がやってきます。

みなさんからもらった感動を胸に、三月も走り抜けますよ~(^^)/

 

タイミングが悪く、生徒ちゃんの応援チアダンスが見れなかったので画像もらいました!

 

ありがとうございます(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

 

 

 

 

 

反故紙で紙漉き

 

ゆく夏をふりかえって。

夏休み、子供たちを対象に「世界で一つのエコカードを作ろう!」

ということで、普段練習している半紙の白い部分を使って紙漉きワークショップをしました。

 

まずは、書き損じの半紙から白い部分を細かく手でちぎります。

そして水を入れたペットボトルにちぎった紙を入れ、思いっきりシェイク!!

ダンスしながらシェイクしてるK君。

 

ペットボトルの水が白く濁りトロッとしてきたら、色をつけたい場合はお花紙で色をつけます。

そして型に流し、厚さが平均になるよう整えて

 

型をはずし水切りします。

吸水シートとタオルで十分水切りしたら、板に貼って

乾いたら出来上がりです(*’▽’)

好みの色や型で、カードやコースターや栞、ハガキサイズを半分にして紙をはさんだメモ帳など

いろいろできました!

こちらは、カードに自分のサインを入れるため、篆書の辞書を引いてるS君です。

反故紙の端っこに赤で篆書を書いて印の代わりにし、四角くちぎって漉いたカードに貼り付けました。

 

 

みんなの出来上がりはこんな感じ(^_-)-☆

 

夏休みの思い出です(o˘◡˘o)

 

 

五風会展と錬成会(その間同窓会&ギックリ腰(;’∀’))

 

五月に入ってからスケジュールが押せ押せで(^-^;

振り返りもまとめもできてませんでした。

 

まずは篆刻の五風会展

5月13日14日、ご高覧いただいた皆様、ありがとうございました!

今回は普通の作品と遊びを入れた作品の2点出品しました。

先生や会員の皆さんの作品を、カメラを忘れてガラケーでしか撮影できなかったのが残念で…

こちらが拙作です。

...めちゃくちゃわかりにくい(;’∀’)いまどきこんな画像でお恥ずかしいかぎりです。

「銀河急行」と刻しました。

新潮文庫の「銀河鉄道の夜」の装丁を参考にさせてもらい、模型は夫が作りました。

それに合わせて帯どめを自作。UVレジンのアクセサリーに初挑戦♬自己満足です(*^^*)

 

 

 

そして翌週は錬成会。

作品は2点持っていき、合評では1点はまあまあ合格点でした。もう1点はもう少しがんばります。

いや、どちらもまだがんばりますっ!

 

午後からの実技を前に、M下先生が大字仮名を揮毫されました。

 

その後M下先生による筆かための講習会。

 

 

初めての体験でしたがなかなか楽しく、さばけた筆がよみがえり嬉しかったです(*^-^*)

 

それからそれぞれの作品にとりかかり

 

M井先生のダイナミックな範書も拝見でき

 

超充実の錬成会でした!

 

その間に中学時代のバレー部同窓会があり、いちおう幹事の一人だったのです。

中学時代、バレー部の同級生は18人。

まだ水分補給をしてはいけない時代のことです。18人全員で厳しい先生についていき、府下大会、近畿大会

全国大会にみんなで行きました。

今回初めての同窓会で18人中12人が集まり、一瞬で中学時代にもどりました。

日にちを間違えて終わりかけに来たMちゃん

エアサーブの罰ゲームヾ(≧▽≦)ノ

 

 

そんなこんなで先週の子どもクラスで急に腰が「ピキツ(@_@。」となり二週間弱になりますが

そこそこ回復しております<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

 

萠翠会新年会

 

日曜日は萠翠会の総会と新年会でした。

一年のスケジュールと予算が無事決まりお楽しみのランチタイム(^^♪

着物を着ていたので、「お使いくださいませ」とホテルの方が差し出して

くださったのがナプキンホルダー?これでナプキンを首からぶら下げ汚れよけです。◇につけたので「金太郎さんみたい」と言われました(^▽^;)

あっという間にデザート(*´▽`*)

というか、カメラを持って行ったはずがない!!

しかたないのでガラケーで撮ったのでいまいちで(^^;

お着物姿や和気あいあいの様子は先生方のお写真からお借りしました(^-^;

梅柄の絞りの着物が素敵♬U先生

紬に紅型の帯が明るいK先生

理事長先生とわたし。長寿会の方にいただいた帯です。織柄の花の上にご自分で刺繍をのせられたお手間いりのもの。

 

食事後もおしゃべりタイムはつづく(#^.^#)

 

 

 

 

 

moko画伯のポストカードを購入♬

 

 

帰りに父と自撮りヾ(≧▽≦)ノ

 

それにしてもカメラが行方不明、どこいったんやろう~(T_T)

 

 

待望の!!

 

いつも萠翠会の運営に尽力されている事務局長の上田秀曠先生が、待ちに待った教室を開講されます!

それに先立ち、亀岡と京都では個展を開催されます(*‘∀‘)

 

 

「道の途中」というタイトル…

いつも故宮沢秀巖先生のお教えを守り精進されている上田先生がこんなことをおっしゃると

わたしなんぞは道の入り口にも立っているのかどうか…

上田先生の真摯な姿勢にはいつも感動しています。あとを追いかけがんばらねば!

とても分かりやすいHPも立ち上げられました。

 

秀曠 書のひろば

http://www.shuukou-shodo.com/index.html

 

 

ぜひ訪れてみてください(#^.^#)

 

京都現代書芸展と天神さん

 

久しぶりに気温も上がりいいお天気なので朝から

自転車で京都文化博物館へ。

あ、その前に二条の「龍枝堂」さんへ。

セールのご案内を久しぶりにいただいたので、長寿会の方の頼まれものもあ

り立ち寄り、その後篆刻の先生が出品しておられる京都現代書芸展へ。

漢字、仮名、刻字などいろんな作品を拝見して、

1階の「楽紙館」さんで可愛い素敵な紙たちを見て(^^♪

帰りに市役所前で京野菜フェスタをやってたので、新鮮なお野菜

を買いいったん帰宅。

午後からは北野天満宮の天満書の表彰式と作品の回収に。

今回一般の方も含めて金賞4名銀賞4名でした。

おめでとうございます!

にぎわってました~。今日から梅園が公開だそうです。

審査員の先生方

 

娘の作品

なぜ「元素」?

昨年日本が発見した新しい元素「ニホニウム」にちなんで…

だそうで(^▽^;)

 

 

新年にあたり・・・

 

 

dsc_2414

 

表札をあたらしく作りました。

上の家の表札は結婚当初に作ったものを塗りなおしてリフレッシュ(*^^*)

 

障子の張替をしました。

dsc_2421

 

赤間紫金石の硯をおろしました。

dsc_2411

 

お正月に夫の実家で大量に柚をもらってきたので

柚ジャムを作りました。

dsc_2425

 

 

そして

大事な右腕が痛い(*_*)

 

 

 

あけましておめでとうございます

 

 

 

fotorcreated

 

 

 本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

京都市老人クラブ連合会作品展@みやこめっせ 金襴展も

 

昨日はあいにくの雨でしたがみやこめっせへ。

「第25回市民すこやかフェア2016」のイベントで京都市老人クラブなどの作品展があり、

出講している学区の長寿会の皆さんも出品されています。

 

今回は、全員の出品がかないました!(^^)!

大きい作品はちょっと…とか、細かい字は苦手とかいろいろと得手不得手がある中で、

せっかくなので全員の方に参加していただきたいという思いがあり、合作での発表にしました

 

 

dsc_2388

 

 

こちらは3人での合作「雪月花」

 

dsc_2395

 

こちらはお二人で、今取り組んでいる「方丈記」を

dsc_2394

 

搬入の際など持ち運びに大きく重いものは大変なので、いづれも簡易パネルを作って

それに裏打ちした作品を貼り込みました。

「雪月花」は、大島ふうの風呂敷、「方丈記」はお世話役のN山さんに提供していただいた

着物の反物をマットにしました。

 

こちらは、亡きご主人との思い出を近代詩文で。

 

dsc_2393

 

皆さん手仕事もお得意なので、パッチワークや日本刺繍、ぬいぐるみも出品されました(*^^*)

dsc_2399

dsc_2400

 

dsc_2401

 

会場を出ると美しい展示が(*^^*)

dsc_2403

 

西陣織の「金襴展」でした

近所に貼ってあったポスターが気になってました♬

dsc_2409

織機の部品

dsc_2407

 

駅伝のたすきも金襴なんですね

dsc_2408

 

新しい西陣織の提案(*’▽’)

dsc_2405

 

こんなクラッチバック欲しい♡

 

非公認キャラクター、ニシジンくん

dsc_2402

000

 

 

 

第46回萠翠展の様子

 

先週おかげさまで無事終了しました萠翠展、お世話になった先生方や何十年ぶりかの同級生、

お久しぶりの友人などお会いできて、お話できて嬉しかったです。

どこかでハガキをとっていただき二日連続でみえたお客様もおられました。

作品もバラエティに富み、見ていて楽しいとのご高評もいただきました。

 

 

受賞された皆様おめでとうございます!

がんばって惜しくも逃した方も次につながる作品作りだったと思います。

またこれから一緒に日々のお稽古を積み重ねていきましょう。

 

 

 

会場の様子です。

 

dsc_2344

 

二日目の理事長先生の席上揮毫です。

控室で墨を摩り準備していただき、二作揮毫されました。

運筆のリズムや呼吸など、大変勉強になりました。

 

dsc_2309

 

dsc_2353

 

dsc_2276

みなさんそれぞれ撰文にも工夫をこらしておられますが、子供たちも家族と相談したりして

自分で選んだ語句を書いていて、思い入れのある作品です。

それだけに審査は難しいです。

 

 

 

拙作です。

 

reisyo

隷書が楽しいです。

表装教室で裏打ちをして、自宅で緞子の筋をつけて貼り込みました。

関防印は新作です。

 

 

 

kana

 

仮名作品は表装教室で創作掛け軸にしました。

鴨長明の和歌六首です。

右側の五首は鴨長明が出家する前に和歌処に出仕していた華やかな頃の歌、

左の大字仮名は、出家の後に下鴨神社へお参りした際に詠まれた寂しい歌です。

U先生のアドバイスをいただき、一つの掛け軸で鴨長明の栄枯を表現しようと試みました(*^^*)

 

 

 

niji

 

娘が幼稚園で歌っていた頃から一度書いてみたいなと思っていた童謡?の一部です。

作品がギリギリまでできなかったので裏打ち貼り込みとも自分でし、アクセントに筋を入れました。

貼り込んだあとに上下が逆ということに気づき、慌てて金具をつけかえました(^-^;

 

 

ついでに父の作品です

 

dsc_2253

裏打ち、マットの張替をしました。

マットは掛け軸を作った際の余り裂で、緞子の幅が足りなくてツートンにしましたが

結果オーライということで(#^.^#)

同じ緞子で隷書の筋をいれています。

 

 

今回のお着物さんです(^^♪

 

いつもお世話になっているU先生と。

初日の着付けはガサガサです(わたし(^-^;)

この日に着物をいただいたKさんが来られたのですが、着付が残念だったので失礼いたしました(*ノωノ)

dsc_2217

 

 

大きな作品と篆書を書かれたK先生と友人と

dsc_2295

 

最近着物デビューの友人と。二日目の朝は雨やったので私は洗える着物と叔母が染めた帯です(^.^)

dsc_2323

 

 

お茶会のお手伝いの帰りに寄ってくださった長寿会のMさん

dsc_2340

 

 

今回締めていたクリーム色の帯は波の模様が入っていたのですが、いただいたN山さんに

「地紋が目立たないのでこの上に文字を書いても映えますよ」と教えていただき、

また楽しみが増えました(^^♪

 

 

 

↑ページトップへ

Get Adobe Flash player