つれづれ

奈良へ

 

日曜日は五色百人一首の団体戦が奈良であり、朝からいってきました。

 

ひな人形

 

ひな祭りの日です。駅前にかざってありました。

 

5人1チームなので、クラスの女子で1チームつくり、娘はクラブの子や

ほかの学校の子達と組んで試合にのぞみました。

クラスでは、ちょっとまた盛り上がっています。

会場についてさっそく練習!(^^)!

練習

35チームの参加があり、会場は熱気ムンムン(#^.^#)

 

初心者の部で、クラスの子達は予選を三戦二勝で突破し、

決勝トーナメントの1回戦で負けましたが、苦手な色に挑戦した子も含め

みんなで頑張った成果がありました。

娘のほうのチームは、娘が一枚差で負けることが多くそれで

勝利をのがして・・・という情けないことで、チームのみなさんに

申し訳なかったです(>_<)

 

経験者の部は、どこのチームもドリームチームをつくって

勝ちにきてはりました。

手に汗握る試合ばかりで、ほんとに素晴らしかったです。

決勝まで見たかったですが、あとがあったのでお先に失礼しました。

 

あとって・・・

 

奈良まできたので、観光です^_^;

薬師寺と唐招提寺にいきました。

 

薬師寺

境内は梅がきれいでした♪

うめ

 

アップで♪

s-白梅

 

s-ピンク

 

 

 

 

たまたま運よく、東西両塔の特別公開中でした。

東塔

東塔は解体大修理中です。

初公開の仏舎利(お釈迦さんの遺骨)を参拝することができました。

 

そんなありがたい拝観よりも、子ども達にとって身近に感動したことがありました。

5年生の国語の教科書に「千年の釘にいどむ」という読み物があるのですが、

そこにでてくる釘が実際に展示してあったのです!

お寺の方が声をかけてくださり説明してくださいました。

教科書

くぎ

子供達、くいついていました(*^_^*)

 

修復に使われている木は、樹齢2500年の台湾ひのき。

2500年の木は日本にはないそうです。

しかも、年輪のしっかりつまった強度のある木です。

見本が展示してありました。

 

台湾ひのき

 

 

白鳳時代の美しい伽藍をとりもどす修復が昭和43年から行われていて

このようなメンテナンスは100年に1回だそうです。

 

 

次に、少し歩いて・・・

 

唐招提寺

 

子供達もさすがに疲れたのか

国宝オンパレードの約1300年前のお寺にはあんまり興味をしめさず

国宝のまえ

 

天平時代の代表的な建物、金堂(国宝)の前で恋ばなに夢中(^_^;)

 

かひ

 

会津八一の歌碑がありました。

 

 

風が冷たい一日でした。

 

北海道では猛吹雪でたいへんなことになっていたと、帰ってから知りました。

 

 

 

 

すごいこと!

 

今日の京も、雪がちらつく冷え込んだ一日でした。

2月25日は菅原道真公の祥月命日で、梅花祭の日です。

 

梅花祭は10時から。

混まないうちに、ちょっと行ってきました。

 

うめ

 

梅はこんなカンジ。

 

舞妓はん

 

舞妓はん♪かわいい♪

急に遭遇したので、慌てて後ろ姿しか間に合いませんでした^_^;

 

実は、天満書きで娘が天満宮賞をいただいた授賞式のとき

本殿でカメラマンが一人ひとり写真を撮ってはったので、

その写真をいただけないか天神さんに問い合わせをしました。

プロのカメラマンのデータなので無理という回答だったのですが、

後日電話があり、天神さんの社報に、娘の写真が採用され、

データが天満宮のものになったので、印刷することはできますと!

 

その写真をいただきにいきました。

社報をみると、確かに娘の受賞の様子が掲載されています。

 

社報

 

すごいな~。

何十人のなかの、一枚に選ばれたなんて。

 

と、じっくりみてみると、下のほうの「審査員講評」の最後に

なんと!

撰文について書いてあるではありませんか!!

 

講評

 

「御土居」と書いたのは初めてやったんや・・・

これは、撰文で受賞したようなもんですな(~_~;)

 

とはいえ写真にも講評にもとりあげていただいたこと、

すごくすごく嬉しいことです!

家族みんなで喜びました。

 

天神さんのご好意にも感謝いたします<(_ _)>

 

 

 

さて、午後からは地域のおしごとにいってまいりました。

看板

 

これから

 

真っ白な壁に

 

終了

 

子どもたちの絵や版画を展示

 

 

地域のおしごともいろいろあるんですねえ。

 

 

そして、夕方からはお稽古と、

本日もバタバタの一日でした!

 

 

 

京都市内で雪遊びができるなんて!(^^)!

 

先週末は、娘のクラスのパパさんが企画してくださった

有志での一泊雪遊びについていきました(^^♪

 

行き先は、京都市左京区の

コチラです

山の家

 

雪遊びが目的なので、前日まで雪があるかどうかヤキモキしていましたが

前夜の雨が朝方から雪にかわったそうで、

バスに乗るなりお菓子を取り出してテンション上がっている子どもたちも

窓の外が雪景色にかわっていくと、さらにテンションアップ↑↑↑

 

着いたらこの景色でした(#^.^#)

P1090161

 

こちらの施設は宿泊研修施設なので、いろいろと規則があります。

 

テレビなしでもゲームなしでも、起床就寝時間が決まっていても、

みんなでおおいに楽しんできました!!

 

 

画像多めでご紹介しま~す♪

 

madokara

 

ロッジに荷物を置いて、昼食までの間待ちきれずにロッジ前の新雪にダイブ!

 

はれた

 降っていた雪もあがって、昼食のためロッジから本館へ

 

 

ゆきだるまつくり

お昼ご飯が済んだら雪遊び♪雪だるま作る子

 

のせて

大人の背の高さより高いスノーマン?ができました(^^♪

 

 

 

かまくら

かまくらが作れる雪の量です(^_-)-☆

 

 

sori

ソリにのってうまくすべれた~♪

 

 

s-雪かけ

と思ったら、待っていたのはお約束の雪かけるパパさん(^◇^)

 

むこうのほうでは雪合戦と、思い思いにそれぞれ雪遊びを堪能して

 

夕食のあとは、お風呂タイム♪

うわぐつ

みてください!この上靴!

きっちり並んでいます、褒めてあげたいです(*^_^*)

 

かるた

お風呂をあがると長い夜。

パパさんから怪談を聞いたり(~_~;)

UNOをしたり

かるたの練習もしました(^_-)-☆むこうはトランプか?

 

 

ロッジ

2階のこのお部屋で女子は恋ばなで盛り上がり(#^.^#)

男子は枕投げやったそうです(^_^;)

 

夜の星空観察は降雪のためできなかったのですが

早朝、起床時間よりはやく目覚めた女子に起こされ外にでたママさんが

「星がみえてる☆」

とゆってくれたので、急きょ起床時間前の星空観察(^_-)-☆

 

 

s-P1090251

だんだん白み始めた頃

 

 

あさ

またまた15センチほど積もり

つらら

軒下には長いつららが。。。

 

 

 

ゆきだるま

前日のかまくらや雪だるまは、跡形もなく整地されていたので(T_T)

またつくりました♪

午前中は、またまたソリに雪合戦に雪だるまつくりヽ(^。^)ノ

 

 

昼食後は、七宝焼きのキーホルダーに挑戦!

七宝焼き

 

完成

 

わたし作。

北斗七星のつもりですが、6つしかないとツッコミが・・・(/_;)

狙っても思うようにいかないのが七宝焼き。

思ったより上手くいった子は残念やった子よりちょっと多かったかな。

 

バスまでの1時間ほどは自由時間となり、館内で遊ぶかと思ったら、

またスキーウエアを着てソリ遊びに出て行く子もいました(^.^)

 

クラスのほとんどが参加していましたが、5年生ともなると自分のことはもちろん、

友達を気遣うこともできるし仲間意識も高く、みんななかなかやるなあと思いました。

食事のとき、みんなで手を合わせて挨拶をするのはうちの団体だけでしたよ(^_-)-☆

大きな声が食堂に響き渡っていました♪

 

帰りのバスの中でも、おやつを食べながらワイワイとしりとりをしたり♪

 

子供達サイコー!たくさんの笑顔をありがとう!

 

そして、お世話をしてくださったパパさんママさん、ありがとうございました!

子供達も忘れられない思い出になったことでしょう<(_ _)>

 

 

 

 

 

京博を出たら雪だった

 

この冬一番の寒さだったような気がします。

昨日。

 

キャンセル待ちだったスキー合宿へ娘を送った後

 

s-P1090150

 

京都国立博物館へGO!

 

入り口

 

特別展覧

国宝十二天像と密教法会の世界

特別陳列

成立八〇〇年記念 方丈記

 

入ってすぐに、十二天像がずらっとならび大迫力!

 

平安時代に、空海によって始められた宮中の行事、

国の幸せを守る「後七日御修法(ごしちにちのみしほ)」

とよばれる儀式を中心とした展覧です。

「後七日御修法」が行われるときに飾られる

十二天像や、五大尊像、曼荼羅やいろいろな道具が展示されており、

荘厳で美しいものですが、そのお飾りそものもを「荘厳(しょうごん)」

と呼ぶそうで、そこから一般的に使われる「おごそかでりっぱな」

という意味に派生したそうです。

 

「灌頂」という密教の大切な儀式についても紹介されていました。

「灌頂」といえば、空海の卒意の行草書、「灌頂暦名」が有名ですが

それも展示されていました。

所蔵の神護寺でも見たことありますが、またじっくりみせていただきました。

 

「灌頂」には「伝法灌頂」と「結縁灌頂」があり、

前者は師と弟子を結ぶ、もっとも重要な儀式、

後者は、一般のひとが仏と縁を結ぶためにする灌頂だそうです。

 

「灌頂暦名」は、空海が結縁灌頂を行った名簿、覚え書きみたいなもので、

誰がどの仏とご縁が結ばれたかということが書いてあります。

その一番初めに「最澄」の名前があります。

最澄は、「伝法灌頂」を望んでいましたが実際は「結縁灌頂」でした。

ここから、空海と最澄の仲がおかしくなったといわれています。

 

 

「方丈記」のほうは

鴨長明の自筆ともいわれている、最古の写本が全文展示してありました。

漢字カタカナ交じり文でした!

ちょっとびっくり。

漢字かな交じりかと勝手に思ってました(^_^;)

 

 

ほかにも同時代の漢字カタカナ交じり文の書跡が展示されており、

「藤原成範家集断簡」

も和歌が漢字カタカナ交じりで書かれていて、

なんかおもしろかったです。

 

 

外に出ると、雪が降っていました(゜o゜)

 

寒いはずや・・・

帰り

 

ボケボケですが、上の真ん中に光っているのは、改装中の京都タワーです。

 

 

北陸方面に行った娘、雪のため到着が30分ほど遅れたそうですが

最高のコンディションでスキーを楽しめるでしょう~?(^^♪

 

 

 

 

 

 

茶道部初釜

 

学校で、ちょっと遅めの初釜がありました。

夕方から稽古があったので、着付けのお手伝いだけさせてもらいました。

 

6年生の生徒さんが二人、お点前しはります。

相方が席入りしたときはY君のお点前で、素晴らしかったそう。

着物を着ていったせいで正客に座らされ、緊張のあまり頼んでた写真を

一枚もとれへんかったと帰ってきました(>_<)

 

もう一人の6年生、Nちゃんも最後のお点前やったけど

がんばってきたと、その後の稽古で報告してくれはりました。

 

卒業茶会にはぜひとも行きたいな。

 

 

 

視覚障害者の方とはじめて接して

 

PTA主催の学校行事で、視覚障害者の方への理解と学びを深める

「視育」の教室がありました。

 

まず、22歳のときに事故で目を強打し、全盲になったきょうこさんと

生まれつき目の病気でだんだんみえなくなり、今は回りがうっすらみえる程度の

あきひこさんのお話を聞きました。

うなずくだけでは反応が伝わらないので、「へー」とか「ふーん」

とか、賛成なら拍手をするとかで伝えます。

 

視覚障害者の方にも、全く見えない方や、一部はうっすら見えるなど、

見えないパターンがいろいろあることを知りました。

きょうこさんの一日をお話してもらい、質問などに答えていくのすが、

「朝起きて一番にすることは?」

「歩道の黄色い点字ブロックの意味は?」

「横断歩道の信号の音声の違いは?」

など、答えがわからないことばっかり^_^;

子ども達のほうがよく知っていました。

 

みなさんは、ご存知ですか?

私の復習のため、答えは・・・

「朝起きて一番にすることは?」

⇒音声時計で時間を確認すること

「歩道の黄色い点字ブロックの意味は?」

⇒縦に溝があるブロックは進め。丸いボコボコは止まれ

 の印で、危険であることがわかるようになっている。

「横断歩道の信号の音声の違いは?」

⇒カッコウの鳴き声は東西、ひよこの鳴き声は南北を表してる

・・・これ自信ないです、間違ってたら後日訂正します(汗)

 

他にも、日常生活でなんにも感じてなかったことでなるほど~と

思うようなことがいっぱいあり、知らないことが恥ずかしいくらいでした。

 

次に、盲導犬の「ダッシュ」君が来てくれていて、盲導犬についてのお話も

お聞きしました。

実際に盲導犬は視覚障害者のかたとどんな動きをするのかも見せてもらいました。

 

ダッシュ

この画像は、「進め」と指示しても、危険なときには動かないんだよ

と説明してもらっているところです。

小さいときから厳しい訓練をうけても、3割くらいしか盲導犬になれないそうです。

 

次に、視覚障害者さんの「手引き」というお手伝いを体験しました。

困っておられる様子だったら「何かお手伝いすることはありますか?」

と声かけして、腕がどこにあるかわかるように、腕を接するようにして

肱のところをもってもらいます。

「進みます」

「止まります」

「道が狭いのでたてになってください」

と声をかけながら「手引き」をします。

手引き

 

大人も子どもも、グループに分かれてきょうこさんかあきひこさんを手引きしました。

 

その後は、みんなからの質問コーナーで、一人で何回も質問する子も。

しかも、みんなしっかりした質問ばかりで、こちらも勉強になりました。

 

一番困ることは、雨の日だそうです。

傘をさすと、白杖(はくじょう)の音や雨の音などがすべて傘のなかに入り、

信号の音もどこから聞こえてくるのかわからず、自分がどの方向に向いているのか

わからなくなるそうです。

 

きょうこさんもあきひこさんも明るく元気な方で、健常者とほとんど同じ生活を

しておられます。

 

短い時間でしたが、実際に視覚障害者の方のお話が聞けて親近感をもてたので

これからは迷わずお手伝いができそうです。

 

 

 

 

Black Noise

 

個展jpg

 

 

Black Noise

 

 

                        

                               東山区 アートスペース虹にて

 

 

 

 

北野天満宮賞 初体験

 

今年の天満書の表彰式は、初天神の翌日、26日にありました。

教室からも数名入賞者がでて嬉しかったのです(#^.^#)

一番びっくりしたのは娘が「北野天満宮賞」をいただいたこと。

 

19日審査の日の夕方、電話がかかってきました。

「天満宮賞にえらばれました・・・」

ご丁寧に電話いただけるんか・・・

と思っていたら、副賞が例年衣類なので、サイズをお聞かせくださいとのことでした。

 

たぶんベストということで、どんなんやろ~。

梅のエンブレム付いてんのやろか!

とか、想像してました。

 

当日は大寒波がやってきた日でした。

 

相方と一緒にほかの受賞者のみなさんと一緒に本殿へ。

中の様子は肉眼ではなんとなくわかりましたが、写真に撮るとわかりませんね^_^;

ほんでん

 

一人ひとり授与されるのですが、神前の部と家庭の部、両方で受賞のツワモノもいはったとか。

 

授与が終わるのを待っていたら、手足がちぎれそうなくらい冷た痛くなってきましたが

本殿の中も寒かったらしい。

そんな中神官や巫女さんは、あの姿で寒さも感じさせず対応されています。

修行ができてはりますね~<(_ _)>

 

 

 

さてさて、どんな賞品をいただいたのでしょう。

 

天満宮賞

 

たぶんベストといわれてたのは、写真(左)ではわかりにくいですが、

紺のスクールセーターでした!

なるほど~。

カンコー学生服さんの協賛品なんですね。

参加賞の鉛筆にも刻印されています。

 

これは中学で使えるのかな?

 

夜は「あんスイーツ専門店 都松庵」さんの 「あんdeシュー」

でお祝い♪

 

あん

 

抹茶 プレーン イチゴの三種類。

抹茶はクリームが抹茶、イチゴはイチゴあんでした。

米粉のシュー皮に求肥がはさんであって、洋風モナカのようなかんじ?

 

さっくりもちもちで美味しかったです(^^♪

 

 

今年大活躍!ホームベーカリー☆

 

昨日は旧友との忘年会で(^.^)

たのしい時間を過ごしてきました~♪

 

友達の娘さんを預かって、うちの娘と相方で過ごしてもらってたんですが

時間制限があると思ってたらなかったようで、

すっかり遅くなって帰宅してしまいまして・・・^_^;

 

相方は寝てました(~_~;)

娘二人は「おそかったなあ~」と出迎えてくれたんですが、

友人親子が帰らはったあと、娘に二人の会話をきいてると

 

5年M子「おそいなあ、二次会でも行ってはるんかな、カラオケとか

     でも、こどもほっといていかへんよなあ」

3年Y子「こどもほっといて行くなんでバカやわ」

3年Y子「も~、オバはん、ほんま遅いわ」

 

旧友同士で「○○ちゃん」♪とかわいく呼び合ってるときに、

子どもにオバはん扱いされてました(ー_ー)!!

 

 

ところで、本題ですが

 

今年はホームベーカリーが大活躍!

自分で選んだ材料でパンが焼けるし、

お餅もできる!

お餅は原価考えたらちょーお得ですよ~(^_-)-☆

 

この年末もヘビーローテーションで頑張ってくれはりました!

 

お鏡さんにも初挑戦♪

大きさがわからなくて、ちょっと小さくなってしまいました。

お鏡さん

 

小餅もヨモギと二種類

 

小餅

 

丸めるのがめんどくさいので、残りは切り餅にして冷凍。

 

切り餅

 

 

 

今年の一番ヒット間違いなしですな。

 

 

さて、もう一仕事しま~す。

五色百人一首中南和大会 ついでにプチれきしクラブ

 

橿原神宮前にて五色百人一首の大会があり、

娘のお友達2人と一緒に、参加してきました。

 

チャンピオンズカップという、奈良、大阪、京都のクラブチーム独自の

大会で、今日は年間チャンピオンが決まる大会でした。

ちょとはやく着いたので、近くにある久米寺へお参りに。

「願い玉」というのがあったので、なでなでしました。

 

久米寺

            「勝てますように」

 

 

娘たちの成績は・・・

 

試合

 

 

 

・・・次にむけてがんばりましょう!!

 

でも優勝を狙えるクラブの6年生の一人は

負けて悔しくて・・・表彰式にも動けないくらいでした。

小学校最後のチャンピオンズカップなので、

毎日がんばって練習してはったことと思います。

 

泣けるほどの努力ってすごいな。

 

 

帰りは、プチれきしクラブということで

古代の宮都めぐりをして帰りました。

 

まずは、持統天皇が694年に遷都した藤原京跡。

 

となりで少年野球をやっている、そのひろ~い原っぱには

案内の看板がありました。

 

藤原京

 

平安京、平城京をしのぐ、日本最大の都だったそうです。

向こうには香具山がみえます。

 

香具山

 

    春すぎて夏來にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山

                       持統天皇

 

続いて平城京(710年)跡へ。

平城遷都1300年のときに整備されているので、

当時の様子がわかりやすいです。

ガレージの向こうに朱雀門がみえ、反対側に第一大極殿がみえます。

朱雀門から第一大極殿まで800メートル。

途中に近鉄電車がはしっています。

 

柱の太さはこんなくらい。こちらは、藤原京跡の朝堂院の柱でした<(_ _)>

 

大極殿

 

第一大極殿遠景。

 

ひろい

 

第一大極殿にむかう子供達は左にいるんですが、わかりますか~?

 

中も復元されていて、高御座がありました。

高御座

ゆっくり見学していたら

「日が暮れんうちにもう一軒行きたいしはよかえってきて」

と相方から電話がかかってきて^_^;

 

走ってヒーハーいいながら追いかけました。

ほんま、広いな~。

れきしクラブでいろんなお寺や旧跡いってますが、

どこも広くて、昔の人は今のように足にやさしい靴なんかないのに

体力あるなあ~とつくづく思います。

 

子どもたちも元気ですけどヽ(^。^)ノ

 

でも、藤原京はこれより広かったんですね!

 

最後に行ったのは、平城京の途中でちょっとだけ(740~742年?)

聖武天皇により遷都された恭仁京跡です。

 

泉川(木津川)のほとりにある、恭仁京跡。

恭仁京跡

 

 

石碑と案内板がありましたが、藤原京や平城京と比べると

簡易の都だったのかなあという感じです。

 

 

帰りの車内で、こども達はかるたの練習(^.^)

わたしは、ほとんど熟睡(~_~;)

 

前日に少年補導委員会の役員懇親会(忘年会)があったので・・・(#^.^#)

 

その時に描いてもらった似顔絵です。

 

似顔絵

 

小4のAちゃんに可愛く描いてもらって嬉しかったです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ページトップへ

Get Adobe Flash player