マイロハス

オリジナルうちわ

学童のお稽古で、うちわ作りをしました。

自分の好きなバックを選んで、その絵や写真のイメージに合う文字を

一文字書きます。

乾いたらうちわの型紙にそって切り、本体に貼りあわせます。

それぞれいいのができました。幼稚園児も飛び入り参加しました。



団扇

団扇川夏

もらいものの広告うちわ、余っていませんか?

水にしばらくつけておくと、簡単にはがせるので、それを型紙にして

自分のお気に入りの紙を貼ると、オリジナル団扇の完成!

絵でも、文字でも、貼り絵でも、好きなようにできますよ~。

夏休みの自由研究にしても。


ほなまた、おおきに・・・

折って作ろう

新聞やカレンダーや包装紙で作る箱です。

私はいつも新聞紙で折ったものを生ゴミいれに、カレンダーで折ったものは教室のゴミ箱に、捨てるのもったいない包装紙で小さく作って食事にときに出るガラ入れにしています。

紙の大きさによって箱の大きさが変えられるし、使ったあとはそのままゴミ箱に捨てられるので楽チン。

学童の生徒さんが教えて欲しいと言わはったので、一緒に折って持って帰らはりました。

後で聞くと、机のおもちゃの整理に使ったとのことでした。使い道いろいろですね。

oru

 

ほなまた、おおきに・・・

 

紫蘇ジュースのゆかりちゃん

紫蘇ジュースを作ったあとの、紫蘇の使い道です。

昨年は、甘味をつけてから紫蘇を投入していたので搾ったあとの紫蘇も甘くなっていました。

あんまり使い道がなかったので、今年は、紫蘇を取り出してから甘味付けしました。

そうなると、色が抜けた紫蘇ちゃんは、もう一度大活躍!

白梅酢と塩をまぜると、また紫色に戻っておいしそうなゆかりちゃんに・・・

このまま土用干しまで待って乾燥させて細かくすると乾燥ゆかりちゃん。

干さずに細かくきざむだけで、ソフトゆかりふりかけになるんです。

お好みで、ひじきやゴマをいれてもいいですね。

siso

 

 

ほなまた、おおきに・・・

お豆腐が余ったら・・・

お水のかわりに白玉粉をお豆腐でこねて作る、豆腐白玉は硬くならずにいいですよね。

今回は、白玉粉をこねるのと同じく、お豆腐の水分でパウンドケーキのようなものを焼いてみました。

中身にジンジャーシロップを作った時の生姜の甘煮を刻んでいれて、ほんのり生姜味に。

トッピングはお豆腐に砂糖とメープルシロップをいれてバーミックスでガーっとやった豆腐クリームです。

この豆腐クリームも余ったので、ダイゾーのアイスキャンデーの型に流してアイスにしました。娘が喜んで食べていました。tofu

 

ほなまた、おおきに・・・

おからビスコッティ

生姜の甘煮(しょうがシロップの、シロップをこしたあとの残り)を、細かく刻んでおからパンに混ぜて焼き、焼き上がりが冷めたらカットしてオーブントースターで乾燥焼き。

生姜風味のビスコッティになりました。小腹がすいた時のヘルシーおやつ。

おからビスコッティ

 

ほなまた、おおきに・・・

煎茶スティック

煎茶の茶殻を使ったおやつ薄力粉と片栗粉を少し、重曹、砂糖、塩一つまみと菜種油、茶殻を入れてまぜ、オーブンのお皿の大きさにのばしてピザカッターでスジを入れる。180度余熱のオーブンで20分焼いてそのままほっとく。

カリッと、プリッツのようになりました。お茶を入れたあとすぐに作れて、意外と好評でした。

もう一品は、茶殻を冷凍保存でためておいたものを、ゴマ油でちりめんじゃこと炒めて、塩・しょうゆ・みりんで味付けした煎茶ふりかけ。ご飯がすすみます。

 

ほなまた、おおきに・・・

12

↑ページトップへ

Get Adobe Flash player